0222117258は奨学金の債権回収業者!正しい対処法を

世の中、電話による詐欺が横行していて、覚えのない電話番号から着信があるとどうしても疑ってしまいますよね。

でも、0222117258の電話番号は無視しないでください。

これは独立行政法人の日本学生支援機構から委託された日立キャピタル債権回収株式会社の電話番号で、詐欺や架空請求ではありません。

放置しておくと延滞金が発生する他、連帯保証人へ連絡が入ったり本人がブラックリストに載ったりといったトラブルに陥ります。

きちんと話して正しい対処法を取りましょう。

弁護士の顔画像

借金問題に強いのが「東京ミネルヴァ法律事務所』です。本気で借金から解放されたい方はすぐにシミュレーションしてみましょう!(全国対応相談無料

\今なら無料診断!/

0222117258は詐欺ではない!投稿を信じるより真偽を自分で確認すること!

日立キャピタル債権回収株式会社(以下、日立キャピタルと略)からの電話、0222117258はツイッターでも話題になっており、いろいろな投稿が見られます。

中でも多いのが、詐欺ではないか?という内容です。

このような内容の投稿を見ると、日立キャピタルからの電話がいかにも怪しいと感じるでしょう?

でも、これらの投稿の共通点は着信があったことは認めても本人として日立キャピタルと話していないことです。

債権回収会社は日立キャピタルに限らず、本人確認が取れない限りは守秘義務があるので債権回収の話はしません。

見知らぬ電話番号に警戒心を強めるのは良いことですが、信ぴょう性が分からない投稿を信じる前に、まず自分で真偽を確認しましょうね。

ちなみに日立キャピタルの公式サイトコンテンツの業務案内を見ると、以下のように記されています。

日立キャピタル債権回収株式会社

画像引用:https://www.hc-servicer.co.jp/service_8.htm

独立行政法人日本学生支援機構(奨学金の返還案内等)のところに022-211-7258の戦話番号が記載されており、公式の電話番号であることが分かりますね。

その他上記画像にある通り、下記の番号もすべて正式な機関からの連絡ですので、無視しないようにしましょう!

独立行政法人日本学生支援機構(奨学金の返還案内等)

  • 0120-211-704
  • 022-211-7258
  • 0120-387-600
  • 022-211-7261
  • 0120-211-796
  • 022-211-7259

なぜ債権回収会社から電話がかかってくるのか?

日立キャピタルに関するツイッターには詐欺や架空請求を疑う内容ばかりでなく、きちんと理解していて警告を発している投稿もあります。

「でも、確かに奨学金は借りたけれどなぜ日本学生支援機構ではなく日立キャピタルから電話がかかってくるの?」と疑問を持つ人もいるはずです。

まずはなぜ債権回収会社の日立キャピタルから電話がかかってくるのか、それを説明しますね。

債権、つまり奨学金の滞納は本来、貸付を行った日本学生支援機構が回収しなければなりません。

しかし回収できない債権が溜まると日本学生支援機構本来の業務に支障が及びます。これは日本学生支援機構だけに限ったことではなく、金融商品を扱う企業全般に共通している問題です。

そこで効率的な債権回収を目的として弁護士法の特例で、債権を代行回収する専門業者が認められるようになりました。

ただし、債権回収は法律業務なので法務大臣に許可された業者しかできず、許可されない業者が行った場合は罰則が与えられます。

日立キャピタルは日本学生支援機構から委託された債権回収業者で、当然、法務大臣からの許可(第 48号)も受けています。

0222117258の着信があった時は日立キャピタル、つまり日本学生支援機構からの奨学金に対する問い合わせと理解してください。

電話や通知を無視し続けると本人に不利益が発生!

債権回収、つまり借金の返済を即す電話はそれが奨学金であっても心理的圧迫はけっして小さくありませんね。

だからといって0222117258、日立キャピタルからの電話を無視し続けると、本人に取って以下のような不利益が発生します。

  1. 奨学金返還の「振替不能通知」が届く
  2. 延滞している割賦金に対して延滞金が発生する
  3. 連帯保証人に「奨学金の返還について」の通知が届く
  4. 本人に「個人信用情報機関への登録」の通知が届く(ブラックリストに載る)

最初に日立キャピタルから電話がかかってきた時は、引き落とし口座の残高不足によるものなので、振替口座へ翌月、2ヶ月分振り込めばいいだけです。この振替に関しては延滞金がつきません。

つまり本来返還するお金だけで済む問題ですね。

しかし電話だけでなく、返還不能通知が届いても無視していると、余分な延滞金を払わなければならなくなり、しかも個人の社会的信用まで落としてしまうことになります。

延滞金は採用年度や貸与終了年度、あるいは貸与種別(無利息または利息付き)などの条件によって変わってきますが、概ね2.5〜10.0%の間で賦課されます。

詳しい内容を知りたい人は以下のURLを参考にしてください。

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/entai/entaikin.html

連帯保証人への通知も相手に即迷惑となるほどではないにせよ、不安な思いをさせたり心配をかけたりすることになりますし、何より困るのは「個人信用情報機関への登録」が実行されることです。

いわゆるブラックリストに載ってしまうことですね。

個人信用情報機関はクレジットカード会社、金融機関、消費者金融などに情報を公開しているので、ブラックリストに載ってしまうとクレジットカードが使えなくなったりローンを組めなくなったりする可能性があります。

社会的な信用を失うのは大きな不利益です。催促の電話、と軽く考えずに日立キャピタルからかかってきた電話は必ず出て、その内容を確かめてください。

0222117258の電話に対する正しい対処法!

ついうっかり引き落とし口座へ預金するのを忘れてしまった、という状況であれば振替口座へ入金すれば済むことですが、返還するためのお金がない場合、心理的に電話へ出られなくなったり、確信的に電話へでなくなったりします。

たとえ返還するお金が手元にない場合でも、電話に出ないと上記のような不利益が発生するので、まずは電話に出てください。

たとえ今すぐ払えるお金がなくても、払う意思を示すことが大切です。

日本学生支援機構では、すぐに返還できない人のために減額返還と返還期限猶予の2つの制度があるので、これらを利用して返還することも可能です。

この制度は経済困難、失業、病気などで月々の返済が困難になった時でも延滞することなく計画的に返還できるようにすることを目的として設けられました。したがってお金がない理由で電話に出ない、出られない人は理由をはっきりとと伝え、相談しましょう。

それぞれの制度について、以下に説明しますね。

減額返還

利息を含む返還予定総額に変更はありませんが、月々の返還額を1/2または1/3まで減らすことができ、最長15年(180ヶ月)まで延ばすことができます。ただし、1年毎に申請しなければなりません。

返還期限猶予

減額返還と同じく、利息を含む返還予定総額は変わりませんが、一定期間、返還を延ばすことができます。1年毎の申請で、最長10年までの猶予が可能です。

どちらの制度も受けるためには審査が必要となりますが、電話や通知を無視していると、その制度を受けられる可能性さえ消滅してしまいます。

また上記以外としては債務整理を取る方法があります。自己破産に限らずさまざまな方法があるので、弁護士等の専門家に相談するようにしましょう。

電話を無視していても得られることは何もありません。0222117258の着信があったら、まずは電話に出る、かけ直すことが正しい対処法の第一歩です。

借金を解決する!

東京ミネルヴァ法律事務所

 

東京ミネルヴァ法律事務所」は全国対応・相談無料の債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間受付・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


借金を解決する!