個人再生の不認可(失敗4パターン)と対処方法

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

個人再生を利用すると、借金の金額を大幅に減額してもらうことができる上、住宅ローン支払い中であっても住宅ローンはそのまま支払を続けて、他の借金だけ減額してもらう手続き(住宅資金特別条項)などもあって、とてもメリットが大きいです。

このように便利なので人気のある個人再生手続きですが、個人再生をしようとしても、再生計画が不認可になるなどの理由で、個人再生に失敗してしまうことがあります。

個人再生が失敗する理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

失敗しないための対処方法も知っておく必要があります。そこで今回は、個人再生が不認可になったり失敗するパターンと、そうならないための対処方法について解説します。

続きを読む

個人再生が他の債務整理手続きと違う点

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

借金を整理するための債務整理手続きにはいくつか種類があります。具体的には、任意整理特定調停個人再生自己破産の4種類です。

この中でも個人再生は、借金額を大幅に減額できたり、住宅ローンがあっても住宅を守ったまま他の借金だけを減額出来る特則などがあったりして、とても便利で人気のある債務整理手続きです。

このような個人再生ですが、他の債務整理方法とは、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?その違いによって、自分の場合に個人再生が適切な解決方法なのかどうかが代わってくることもあるので、知っておく必要性は高いです。

そこで今回は、個人再生と他の債務整理手続きとの違いをまとめてご説明します。

続きを読む

「小規模個人再生」「給与所得者等再生」の違い

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

個人再生を利用すると、借金返済義務を大幅に減額できます。また、住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用することによって、住宅ローン支払い中でも住宅を守りながら、他の借金だけを減額することもできて大変便利です。

このように便利で人気のある個人再生手続きですが、実は個人再生手続きには2種類があります。1つは「小規模個人再生」で、もう1つは「給与所得者等再生」です。

この2つの個人再生手続きには、どのような違いがあるのでしょうか?どちらの手続きがどのようなケースに向いているかも知っておきたいところです。

今回は、個人再生手続きの2種類である、小規模個人再生と給与所得者等再生手続きの違いについて、解説します。

続きを読む

住宅ローンを滞納する危険性とは?対処方法も解説!

監修者

元弁護士ライター 福谷 陽子

借金が重なって、月々の返済が苦しいときに返済の軽減ができる方法の一つに「任意整理」があります。

個別の業者に直接交渉をおこなって借金の問題を解決する任意整理は、裁判所を利用せずに行える債務整理の方法として、もっともよく行われている手法です。

多くのメリットがある任意整理ですが、デメリットもあります。特によく話題になるのが「住宅ローンへの影響」です。

「住宅ローンとキャッシングの支払いが重なって苦しい!金額の大きい住宅ローンをなんとかしたい。」そんな場合、放置しているとどのような危険があるのかと、任意整理によって解決することができるのかについて、考えてみましょう。

続きを読む

個人再生の「住宅ローン特則」

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

個人再生を利用すると、裁判所の決定によって、借金返済額を大幅に減額してもらうことができますが、個人再生には借金を減額する以外にも大きな効果があります。

それは、個人再生の「住宅資金特別条項」です。住宅資金特別条項を利用すると、住宅ローンがある場合であっても住宅ローン以外の他の借金だけを減額して、住宅を守りながら借金問題を解決することができます。

住宅資金特別条項は「住宅ローン特則」などとも呼ばれていますが、住宅ローン特則とは、いったいどのような制度なのでしょうか?どのような場合に利用できるのかも知っておく必要があります。

そこで今回は、個人再生の住宅ローン特則について解説します。

続きを読む

債務整理で使える!内容証明郵便の「書き方」と「文例」

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

債務整理手続きを利用する場合、自分で手続きを進めるケースがあります。

自分で債務整理をする場合には、債務整理の相手方である借入先の消費者金融などの業者に対して、自分で通知書類を作成しなければなりません。

このとき、「内容証明郵便」という種類の郵便を利用する方が好ましい書類があります。

そもそも内容証明郵便とはどのような種類の郵便で、内容証明郵便を利用する意味はどのようなものなのでしょうか?

また、内容証明郵便はどのような場合に利用するのが有効なのかも知っておきたいところですし、どのように書けば良いのか、その文例なども確認しておくと便利です。

今回は、債務整理に使える内容証明郵便の書き方と文例をご紹介します。

続きを読む

債務整理における弁護士と司法書士の違い

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

一般に広く知れわたっている「債務整理」ですが、単に債務整理といっても「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と4種類に大別されることは、多くの方があまり知らないことだと思います。

これら4種類の債務整理には、それぞれに特徴があるわけですが、個々の債務者の状況によってどの債務整理が適しているのかを判断することは、専門家である弁護士や司法書士でなければ適切に行うことはできません。

そこで本記事では、これから債務整理を依頼しようと検討している方を対象に、弁護士や司法書士といった専門家へ債務整理を依頼する上でのメリット、デメリットをわかりやすく解説していきます。

続きを読む

中小企業等対象「特定調停スキーム」とは?

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

特定調停というと、個人が借金した場合の債務整理手続きの1種のようなイメージがありますが、実際には、特定調停の利用者は個人とは限りません。

株式会社などの法人でも特定調停を利用する事ができるのです。中でも、近年は中小企業の事業再生を目的にして「特定調停スキーム」が注目を集めています。特定調停スキームとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

実際、多くの中小企業が経営不振に悩んでいますが、事業再生を目的とした特定調停スキームを利用すると、そのような問題が解決できる可能性があるので、中小企業の経営者は、特定調停スキームについて知っておく必要があります。

そこで今回は、中小企業を対象にした「特定調停スキーム」について解説します。

続きを読む

特定調停の申立先(管轄裁判所)を調べる方法

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

特定調停債務整理の1種ですが、特定調停は債務整理手続きの中でも、債務者が自分で手続きをすすめやすい債務整理方法として有名です。

しかし、特定調停は、どのような事案でも、全国どこの裁判所でも手続きができるわけではありません。事案によって適切な裁判所に申立をしないと、特定調停を受け付けてもらうことすらできないのです。このことを裁判所の「管轄」と言います。

特定調停を自分ですすめる場合には、裁判所の管轄も、自分で調べる必要が出てきます。それでは特定調停の正しい管轄裁判所は、どのようにして決まるものであり、またどのようにして調べれば良いのでしょうか?

今回は、特定調停の申立先の管轄裁判所を調べる方法について解説します。

続きを読む

特定調停で決まった借金の時効

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

借金問題を特定調停で解決した場合、改めて借金の「返済金額」と「返済方法」が決められます。そして、特定調停後には、その調停内容に従って、借金返済を続けていくことになります。

この場合、調停内容とおりに最後まで借金の支払を続けられれば借金を完済出来て、問題はありませんが、途中で返済をしなくなるケースもあります。

このような場合、長期にわたって特定調停で決まった返済をしなかったら、特定調停で決まった借金が時効にかかってなくなることがあるのでしょうか?

その場合、どのくらいの期間の経過が必要になり、どのような手続きが必要なのかも知っておく必要があります。

そこで今回は、特定調停で決まった借金の時効の問題について、解説します。

続きを読む