消費者金融・貸金業者の「違法な取り立て」をすぐに止める3つの方法

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

お金の貸し借りは「信用取引」と呼ばれ、お互いの信用で成り立つ取引のことをいいます。

しかしながら時として、さまざまな理由が原因で信用した相手から貸したお金が返ってこないことも十分考えられ、この時、お金を貸した人に対して「違法な取り立て」を行った場合、逆に罪に問われてしまう可能性も否めません。

また、お金を借りた人の立場からすると、違法な取り立てによって毎日の生活が脅かされることにもなり兼ねず、最悪の場合、自ら命を絶ってしまう方が少なからずいるのは紛れもない事実です。

このようなことから本記事では、消費者金融や貸金業者が行う「可能性」のある「違法な取り立て」について詳しく解説し、自分を業者から守るための方法や違法な取り立てを止める3つの方法についてわかりやすく解説していきます。

続きを読む

どの債務整理手続きを選択すればよいのか?【弁護士の判断基準】

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

債務整理には、任意整理特定調停個人再生自己破産の4種類がありますが、借金問題を解決するためには、それぞれの債務者の状況に応じた適切な手続きを選択して進める必要があります。

債務者の状況は人によって異なるので、適切ではない債務整理手続きを利用しても、効果的に借金問題を解決することはできませんし、逆に予想していなかった思わぬ不利益を受けてしまう可能性もあります。弁護士は、利用すべき債務整理方法を選択する場合にどのような基準で選んでいるのでしょうか?

そこで今回は、どの債務整理手続きを選択すべきかという弁護士の判断基準をご紹介します。

続きを読む

自己破産の「同時廃止」と「管財事件」の違い

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

借金返済ができない場合には自己破産をするイメージがあります。確かに、自己破産をすると借金返済義務がなくなるので、借金問題の解決には効果的です。

しかし、実は自己破産には2種類の手続きがあります。自己破産の2種類の手続きとは、具体的にはどのような手続きなのでしょうか?

また、この2種類の手続きのどちらが選択されるかによって、自己破産手続きの進み方が全く異なってくることになりますが、どのような違いが発生するのかも気になるところです。

さらに、自己破産をする際には費用もかかりますが、2種類の手続きによって、かかる費用も異なります。

そこで今回は、自己破産の2種類の手続きである「同時廃止」と「管財事件」の違いについて解説します。

続きを読む

年金受給者と自己破産

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

借金がかさんで返済が苦しくなったら、自己破産手続きによって借金返済義務をなくしてもらう方法が効果的です。

しかし、自己破産を利用するにはさまざまな制限があるイメージがあります。

年金受給者の場合でも自己破産を利用して借金を0にしてもらうことができるのでしょうか?

また、自己破産を利用した後も、それまでと変わらず年金を受給することができるのかも心配になります。

さらに、年金保険料を滞納している場合には、将来年金を受けとることができなくなるのでしょうか?滞納している年金保険料が自己破産でも免責されないとすれば年金保険料をどのように支払っていけば良いのかも心配です。

そこで今回は、年金受給者と自己破産について解説します。

続きを読む

借金は返せないけどどうしても家は手放したくない!解決策6つ!

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

マイホームや家族で住むマンションを購入する場合には、通常は一括払いすることが困難なので、「住宅ローン」を組むケースが多いです。

住宅ローンを組むと、当初は良くてもふとしたきっかけでローン返済が苦しくなることがあります。ボーナス払いを利用した場合などにも支払が厳しくなりがちです。

住宅ローンや他の借金があって、その返済が苦しいけれども、どうしてもマイホームを手放したくない場合にはどのような対処方法があるのでしょうか?家を守るためには、借入先に相談をしたり、債務整理してもマイホームを守る方法などについて具体的に知っておく必要があります。

そこで今回は、借金返済が苦しくてもマイホームを守る方法について解説します。

続きを読む

被災者が「被災地ローン減免制度」を有効活用して生活再建する方法

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、未曾有の大震災と言われている中、2016年4月に最大震度7の熊本地震が発生しました。

この地震でたくさんの貴重な財産を失われた方も多いと思われますが、これは決して他人事ではありません。それは、いつ自分自身に同じことが起こるかわかりませんし、起こり得る可能性があると考えられるからです。

とはいえ、実際に被害に遭ってしまった場合、私たちはどのような行動を起こすのがよいのでしょう。きっと一歩前へ進む行動に移すことができない心境になっていてもおかしくないかもしれません。

そこで、本記事では、このような大きな震災で被害を受けてしまった方を対象にした「被災地ローン減免制度」について詳しく解説すると共にこの制度を有効活用することで新たな生活再建をするための方法をご紹介していきます。

続きを読む

倒産・破産・自己破産の違い

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

個人や法人(会社など)が債務超過の状態になって、支払ができなくなった場合には、債務整理手続きをします。

この場合、「倒産」「破産」「自己破産」などと言ったりしますが、実際に倒産と破産、自己破産という場合、それぞれにおいてどのような違いがあるのでしょうか?

倒産という場合には会社が倒産するイメージも強いですが、個人が倒産することはあり得るのでしょうか?

実際、倒産という場合には、広い意味合いがあるので、どのような意味でその言葉が使用されているのかを理解する必要があります。さらに、倒産と破産、自己破産のそれぞれの効果も知っておきたいところです。

そこで今回は、個人や法人が債務の支払ができなくなった場合の倒産、破産、自己破産手続きのそれぞれの違いについて、解説します。

続きを読む

自己破産手続き中に就けない職業「資格制限」とその理由

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

自己破産をすると、さまざまな制限が課されるイメージがありますが、その中の1つに「資格制限」があります。

資格制限とは、自己破産手続き中に一定の資格が制限されることですが、自己破産をすると、具体的にはどのような資格が制限されるのでしょうか?

その具体的な内容を知っておかないと、自分の職業や資格に関係があるかどうかがわからないので、自己破産によって不利益を受ける可能性があります。

また、自己破産によって制限される資格の内容はかなり多岐に及びますが、それぞれどのような理由で制限されるのかも知っておきたいところです。

また、自己破産によって資格制限を受ける期間はどのくらいなのでしょうか?

今回は、自己破産手続き中に就けない職業や資格である「資格制限」と制限の理由について解説します。

続きを読む

特定調停の「調停調書」

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

借金がかさんで返済が苦しくなったら、特定調停という手続きを利用して解決するケースがあります。特定調停は、借金を整理するための債務整理の1種です。

特定調停を利用すると、借金の支払が楽になるので、完済するまで何とか返済を続けていくことができるようになる可能性があります。

特定調停をして債権者と合意ができたら、裁判所で「調停調書」という書類が作成されます。特定調停の調停調書には、どのようなことが書かれているのでしょうか?

また、特定調停の調停調書にはどのような効果があって、それを守れないときにはどうなるのかなども知っておく必要があります。

そこで今回は、特定調停の調停調書について解説します。

続きを読む

「法人破産」と「個人破産」の違い

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

借金や負債がかさんで返済や支払が苦しくなったら自己破産などの破産手続きを利用すると解決することができるケースが多いですが、破産手続きには法人が利用する場合の「法人破産」と個人が利用する場合の「個人破産」があります。

法人破産と個人破産にはいろいろな違いがあります。たとえば破産後破産者がどうなるのかや、免責や財産についての取り扱いも異なります。

これらの違いの内容を知っておかないと、破産申立をする場合に適切な準備をすることも難しくなるので、きちんと抑えておく必要性が高いです。

そこで今回は、法人破産と個人破産の違いについて、具体的に解説します。

続きを読む