借金の「踏み倒し」は可能?時効期間は?

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

お金の貸し借りは一般に「信用取引」と言われます。安定した収入があり、「お金を貸してもしっかり返してくれるだろう」といった信用を持ってもらうことが重要になりますが、中にはこの約束を破ってお金の返済をしない人もいます。

これが長期間に渡るほか、電話などの連絡まで取れなくなってしまいますと、いわゆる「借金の踏み倒し」の状態と捉えられてしまいます。

このような状態に陥ると様々な弊害が生じることは言うまでもありませんが、そもそもこの借金の踏み倒しについて法律ではいったいどのような規定がされているのでしょう?

また、借金の踏み倒しに時効期間は存在するのでしょうか?本記事では、借金の踏み倒しに関する法律上の取り扱いと借金の時効期間における法律上の取り扱いについて分かりやすく解説していきます。

続きを読む

債務整理後に自動車ローンはどうなる?

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

現在、複数の貸金業者からお金を借りている場合やそれらに加えて自動車ローンを抱えている場合など、毎月の借金返済が苦しいという方は多いと思います。

これらの借金を合法的に解決する「債務整理」は、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の大きく4つの手続きに分けられる特徴があります。

そして、これらの手続きの仕方によって現在抱えている自動車ローンだけでなく、所有している自動車や他の財産にも大きな影響を及ぼすことになります。

本記事では、これら4つの債務整理後における自動車ローンの取り扱いやローンの対象となる自動車に焦点をあてて解説し、同時に現金や預金など他の財産との関係につきましても合わせて解説します。

続きを読む

自己破産による借金解決の方法とは?

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

成人であれば「自己破産」という言葉を一度は目にしたり耳にしたことがあると思います。

今、改めて「自己破産」という言葉を目にしますと、重々しさがずっしりと伝わってきますが、自己破産は、俗に「借金解決の最後の方法」とも言われます。

借金問題を合法的に解決する方法には、主に「債務整理」が挙げられますが、債務整理は、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つの方法に分けることができます。

つまり、借金解決の最後の方法である自己破産とは、任意整理、特定調停、個人再生の3つの方法におきましても、今抱えている借金問題を解決することができない場合に利用される方法であることが分かります。

ここまで読み進めますと、自己破産をすることは、いわば「末期状態」であることが十分うかがえますが、本記事では自己破産による借金解決の方法について詳しく解説していきます。

続きを読む

個人再生による借金解決の方法とは?

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

多くの借金や数多くの貸金業者への毎月の苦しい返済に追われてしまっている方は、この状況についてどうにかならないものかと頭を悩ませていると思います。

借金解決の方法には「債務整理」という合法的な借金解決方法があり、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と大きく4種類に分けられます。

これらは、それぞれ借金解決の方法に特徴がありますが、本記事では「個人再生」という借金解決方法について解説していきます。

借金を抱えている方(以下、債務者とします)の収入や負債状況等によって利用される債務整理の種類は異なりますが、特に「多額の借金を抱えている債務者」や「住宅ローンを抱えている債務者でどうしても住宅を手離したくない場合」などには、個人再生が多く利用される特徴があります。

このように多くの方が気になる個人再生の情報におきましても本記事で幅広く解説していきます。

続きを読む

特定調停による借金解決の方法とは?

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

現在抱えている消費者金融などからの借金を解決する方法に「債務整理」が挙げられます。

債務整理は、大きく4つに分けられ、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」という方法がありますが、本記事では「特定調停」について解説していきます。

特定調停という方法を簡単に説明しますと「弁護士や認定司法書士といった専門家に債務整理の手続きを依頼せずに自分自身で債務整理を行う方法」のことを言います。

ここだけ見ますと、「法律の知識もなく、債務整理の手続き方法もまったく分からないのに自分だけで本当に解決できるの?」と思われた方がきっと多いことでしょう。

多くの皆さんが思われたその疑問について、本記事では分かりやすく紐解いていきます。

続きを読む

任意整理による借金解決の方法とは?

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

現在、消費者金融、銀行系カードローン、クレジットカードのキャッシングなど複数の業者からまとまった借入をしている方は、一般に「多重債務者」と呼ばれることがあります。

多重債務者とは、3社以上の業者から借入をしている方や3ヶ月以上に渡って借金の返済が滞っている方のことを指します。

多重債務者に陥るまでには、人それぞれ借金をしなければならなかった理由があると思われますが、長い年月をかけて未だに借金を返済している方は、きっとお金を借りたことに「後悔」していることでしょう。

「できることならもう一度やり直したい」と心から思っている方のために、本記事では人生の再起をするための「任意整理」という借金解決方法について幅広く解説していきます。

続きを読む

やばい!整理屋・紹介屋・買取屋、そして提携専門家の存在

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

人生においてお金を借りる時、そのお金を借りるための「動機」が必ずあります。

たとえば、住宅を購入するための「住宅ローン」、自動車を購入するための「自動車ローン」、お金の使い道を問わない「フリーローン」など実にさまざまです。

いわゆるサラ金(消費者金融)からの借入は、基本的に「フリーローン」と同じ性質の借金であり、急なお金が必要な時や交際費が必要な時などは利用しやすいメリットがあります。

一方で自分のお金と認識しづらいデメリットがあるため、2社、3社と複数の貸金業者からお金を借りて、気付けば自転車操業によって借金が雪だるま式に膨れ上がっているといったことも決して珍しくありません。

このような人を一般に「多重債務者」と呼びますが、この多重債務者を食い物にする整理屋・紹介屋・買取屋・提携専門家という存在がいることを読者のみなさまはご存知でしたか?本記事では、これらの悪質業者と業者に騙されないための対策方法について分かりやすく解説していきます。

続きを読む

債務整理とは切っても切り離せないブラックリストの詳細!

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

お金の貸し借りは、時として「大きなトラブル」を招いてしまうことがあります。

たとえば、親族、友人、知人といった「個人」とのお金の貸し借りの場合、口約束だけで済ませてしまったり、約束の返済が滞ってしまった場合に代わりとなる担保を設定することはあまり見受けられません。

このことが原因で個人間のお金の貸し借りは、特にトラブルが多いとされています。一方で金融機関や貸金業者といった法人とのお金の貸し借りの場合には、貸し借りの契約内容によるものの、返済約束が守れない場合、何かしらのペナルティーが与えられてしまいます。

そのペナルティーの1つに「ブラックリスト」がありますが、本記事ではこのブラックリストについて詳しく解説していきます。

続きを読む

債務整理後の新たな借り入れ(融資)は可能?

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

債務整理は、現在抱えている借金を専門家である弁護士や司法書士が法的手段で解決する方法です。

この債務整理は、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」と4つに分けられますが、複数の金融機関や貸金業者から借りていたお金は、これらの手続きを行うことによって借金が大幅に圧縮されたり、すべて無くなったりする効果が認められます。

とはいえ、業者との約束の下で借りたお金の返済をしっかりと行うことができなかった人が、この債務整理後の日常生活において新たなお金の借り入れは、はたして可能なのでしょうか?

本記事では、債務整理後の新たな借り入れについて詳しく解説すると共に、新たな生活再建で注意するべき点や実行するべき点についても簡単に紹介していきたいと思います。

続きを読む

裁判所から訴状!「給与差し押さえ」がきたらすぐにやるべきこと

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

金融機関のカードローンや消費者金融から借金をしている人にとってみますと、毎月の返済は大きな負担になります。

1社ならまだしも、4社、5社ともなれば、毎月の返済金額が少額でもさらに大きな返済負担となってしまい、時として返済ができなくなることも考えられます。

毎月の返済が滞ってしまうと、業者からの連絡は当然にありますが、これに対してずっと返済約束を守らない場合や無視し続けた場合、いよいよ最終勧告として裁判所から差し押さえの通知が届くようになります。

ここまできたら、すべての状況が末期であるといっても決して過言ではありません。そこで、本記事では、裁判所から差し押さえが届いてしまった場合における対処方法をはじめ、給与などの財産が差し押さえられることによる問題点や基本的な知識について詳しく解説していきます。

続きを読む