小室圭さんの母「小室佳代さん」の借金問題は何が問題になっているのか?

「小室圭さん、最初は爽やかに感じたけれど母親が出てきてから急に胡散臭く感じてきた」
「佳代さんの内縁の夫とかいう男性、一度女性に差し出したお金なんだから諦めればいいのに」

相変わらず解決の糸口が見えない秋篠宮眞子内親王(以下眞子様と表記)と小室圭さんの婚約問題、母佳代さんの借金が発覚してからマスコミが加熱報道するほど大衆も騒がしくなって、本人同士の思いとはかけ離れた関係になっていますね。

とはいえ、皇室の結婚だからここまで大きくなったわけで、佳代さんと元・内縁の夫との問題は普通の男女でも起こりがちなことです。

同じ轍を踏まないためにも、小室圭さんの母佳代さんと内縁であった夫との借金で何が問題になっているのか説明しましょう。

問題は贈与なのか借金なのか?

カンタンにおさらいすると、眞子様と圭さんは大学時代に知り合い、恋人同士となって婚約の運びとなったけれど、圭さんの母親、佳代さんの元・内縁の夫という人物が交際中に貸した約400万円を返して欲しい、と言い出したことから問題が始まりました。

佳代さんは「貰ったお金だから返す必要はない」と言い、元・内縁の夫は「貸した金だから返すのは当たり前」と主張しているので平行線の状態になっています。

男女間のお金の問題はとかく、愛憎が絡んでいるので問題が噴出するまでに2人の間にどのような経緯があったのか、どうして婚約発表の後に借金を蒸し返したのか、なぜマスコミに流れたのか、すべては憶測の域を出ませんが、露出している点に限っていえば問題となっているのは元・内縁の夫から佳代さんに渡された約400万円が「贈与」なのか「借金」なのか、この点だけです。

内縁関係であっても相互扶助によって贈与税納付義務はない!

「元・内縁の夫が圭さんの学費援助で差し出したお金なんだから贈与でしょ?だったら返す必要なんて、ないんじゃない?」

金銭を受け取った側がこのような主張をするのは佳代さんだけに限ったことではなく、往々にして見られることです。とくに結婚詐欺を働く男女なんて、相手の弱みにつけ込んでお金を巻き上げるわけですから、金銭を受け取ったことに対する罪の意識が薄く、あるいはまったくないなんてことも多々、あります。

一般的に、年間110万円の贈与には税金がかかります。元・内縁の夫は2年間で約400万円を「渡した」わけですから、贈与ということであれば贈与税の対象になります。佳代さんは贈与税を納付していなかったので、元・内縁の夫とは関係なく、納税義務を怠ったという問題が発生しそうですね。

しかし夫婦で生活のためのお金を「渡した」からといって贈与にはなりません。内縁関係であっても「相互扶助」が認められるので贈与には該当せず、したがって納付の義務も生じません。

では、贈与であれば佳代さんにまったく問題はないのでしょうか?

内縁関係が認められないと遺族年金不正受給の疑いあり?!

佳代さんの夫はすでに亡くなっているので内縁関係を結べたわけですが、夫が亡くなってから受け取っていた遺族年金を内縁関係となった後も佳代さんは継続して受給していました。

遺族年金の受給資格には「婚姻していないこと」がそのひとつにあり、内縁関係も婚姻とみなされます。つまり佳代さんが贈与を受けていた2年間、不正受給していたことになります。

もっとも、遺族年金の不正受給が時効になるのは5年、内縁関係は2010年から2012年なのですでに納付する義務はありませんが、やはり皇室の婚姻となった場合、たとえ母親のしたことであっても婚約者として相応しくないという風潮になるのは仕方のないことでしょう。

不正受給の時効は5年であっても贈与税の時効は7年、つまり2020年の3月に成立します。不正受給によって内縁関係が認められないと司法が判断したら、税務調査される可能性は十分にあります。

贈与された期間、佳代さんが内縁の妻であったならば問題は生じなかったのですが、その証明を自ら打ち消す行動を取っていたことが大きな問題です。

メールで借金の申し込みをされたことが主張の根拠

「貸した金なんだから返せよ!400万円って大金だぞ!」

お金を貸した人にしてみれば当然の言い分ですね。たとえそれが内縁という男女の関係に発展していたとしても、関係が壊れたとしても、やはり借りたものであれば返さなくてはいけません。

もっとも、世間では惚れた女に400万円以上もお金を渡し、別れる時は惚れた期間の感情を大切にするために潔くお金を諦める男性もたくさんいます。

元・内縁の夫が佳代さんに約400万円を贈与ではなく貸したお金と主張する理由のひとつは佳代さんから「メールで借金の申し込みがあった」ことです。

ネット内には佳代さんの「メールと思わしきもの」が出回っていますし、佳代さん自身もお金を受け取ったことは認めているのでメールが借用書としての効果があれば、約400万円は贈与ではなく借金となります。

佳代さんが送ったとされるメールは果たして、借用書として認められるのでしょうか?

メールでも借用書としての有効性はあるのか?

お金の貸し借りを含め、契約は口約束でも有効な場合があります。口約束に民法上における契約の有効性を示す証拠があればいいわけですね。

したがって元・内縁の夫が証拠として上げている「佳代さんが送ったとされる借金の申し込みメール」に契約の証拠があれば。約400万円は借金とみなすことが十分可能になってきます。

しかしメールは本人が送った、と特定することが難しい性質を持っています。また送られてきたメールを改ざんすることが可能なことから訴訟の際の証拠になりづらいのが現状です。

しかも佳代さんは「そのような内容を送った覚えはない」とか「お金は返さなくていいという主旨の発言があった」とも語っています。

口喧嘩レベルの泥仕合となりつつありますが、佳代さんが送ってきたとされるメールを借金の証拠として示すには、かなり弱い部分があるといえるでしょう。

なぜ、元・内縁の夫が5年以上前に渡した約400万円が今になって醜聞として出てきたのか不明ですが、元・内縁の夫と小室佳代さんの経歴などが次々に明かされると余計な憶測が生まれ、醜聞が独り歩きを始めてしまった感があります。

どちらも弁護士を代理人としているので、約400万円は贈与なのか借金なのか、これを決めるのは弁護士の力量次第になりそうですね。

佳代さんと元・内縁の夫が残したお金の貸し借りにおける教訓

小室佳代さんと元・内縁の夫が繰り広げているお金に関するトラブルはけっして珍しいケースではないし、男女の愛憎は本人以外には理解不能な点が多々あります。

それでも金銭の受け渡しに関してはいくつかの教訓を残してくれました。

たとえば口約束です。男女間でお金を渡す場合、愛情があるうちはつい「返さなくてもいいから」とか「返済はいつでもいいから」なんて格好つけて言いがちですが、こんな内容のことを言ったら借りた側は口約束を理由に返済しなくても法的に問われることはなくなります。

言った以上、愛情がなくなったから返せ、というのは通用しなくなるので注意しましょう。

それから借用書ですね。相手から「お金を借りたい」というメールの着信があったからといって借用書の証拠になりにくいのは前述した通りです。本気でお金を貸すのであれば、法的に通用する借用書を作ってください。必要な記入事項は以下のようになります。

  • 書類名称(この場合は借用書)
  • 作成日
  • 金額
  • 返済方法と返済期日
  • 借りる人の名前・住所・印鑑(印鑑証明を添付)
  • 貸す人の名前・住所・印鑑(印鑑証明を添付)

注意点としては必ず借用書と記入してください。タイトルがないと領収書などと間違われる可能性があります。また金額は手書きの漢字であれば改ざんしにくくなります。借用書の信用性をさらに高めるのであれば、遅延損害金の明記や連帯保証人をつけるのも有効です。

上記の借用書であれば個人間でも有効性を高めることができますが、さらに確固たる証拠とするには弁護士事務所や司法書士事務所で作成する方法があります。費用は約10,000円前後なので、後々、トラブルを避けるためにも、多少の出費は覚悟の上で信頼できる弁護士や司法書士に作成を依頼しましょう。

お金の貸し借りは身内でもトラブルになるケースがあります。関係性を壊さないためにも貸し借りの条件を曖昧にせず、はっきりさせておきたいですね。

要注意!借金の取り立て・督促の電話番号一覧

「スマホに知らない電話番号から着信があったので出たら借金の督促だった。なんかの詐欺?」
「着信の電話番号をネットで調べたら架空請求だって。無視して大丈夫かな?」

消費者金融やクレジットカードのキャッシング、カードローンの引き落とし口座が残高不足になると、督促の電話がかかってきます。

しかし意外と無視する人が多いんですよね。督促の電話、放置していると何度もかかってきて精神的にも負担になりますし、遅延損害金も発生します。

以下に、債権者別の督促電話番号を一覧で表記しましたので、この電話番号を見つけたら早めに対処しましょう!

電話がかかってきて支払いが困難になったら司法書士や弁護士に頼んで債務整理を!

債権者からの督促電話を無視しているとクレジットカードが使えなくなったりブラックリストに載ったりします。

電話に出て、早めに指定口座へ振り込むのがベストですが、どうしても返済が苦しくなったら司法書士や弁護士に相談して債務整理することをおすすめします。

債務整理と聞くとすぐに自己破産を思い浮かべる人はけっこういますね。自己破産を申請すれば借金は確かにチャラ(免責)になります。でも自己破産は裁判所の認可が必要となり、手続きが煩雑になることに加え、弁護士や司法書士の費用も高くなります。

さらに財産は最低限の生活用品を残した上で没収、官報にも掲載されるので周囲に自己破産したことが分かってしまいます。

返済は困難でも定期的な収入があるのなら、任意整理という方法があります。これは司法書士や弁護士が債務者の代理人となって債権者と交渉、利息分をカットしたり支払期限を延長したりするなど毎月の支払額を減額する方法です。

ブラックリストには載りますが、それでも毎日の借金苦からは逃れることができます。

司法書士、弁護士とも債務整理に関する相談は無料としているところが多いので、督促の電話に悩んでいる人は早めに相談しましょう。

債権者別督促電話番号一覧

貸金業者名電話番号
◆YJ(ワイジェイ)カード

ワイジェイカード株式会社が発行しているYahoo!JAPANクレジットカード

0570005040
0570005041
0570005042
0570005043
0570005044
0570005049
08032526841
07015863265
07012598662
07032486271
07014459045
0924515971
◆楽天カード

楽天グループの楽天カード株式会社が発行しているクレジットカード

0570069101
0570069102
0570069103
0570069106
0570069107
0570666197
0570069108
05700069109
0570666910
0570025971
09023925201
09015138211
09015137503
09025068521
09025066216
09030166202
09074611125
09087666618
0904749255
0904749212
0904749198
0904746287
◆イオンクレジットサービス

イオンファイナンシャルサービスの連結子会社、イオンクレジットサービスが発行しているクレジットカード
 

0432132071
0471412290
0433322180
0432035141
0432690300
0227712980
0227711583
0286386237
0345555405
0355055837
0523083730
0593505160
0668379020
0878512643
0792889429
◆アプラス

新生銀行系列の株式会社アプラスが発行しているクレジットカード

0120504010
0120182600
0570200332
0570089777
0570064595
0570064511
0570051518
0570064292
0676380961
0676380951
0676356774
0663687577
0729676391
0120306327
◆セディナ

三井ファイナンシャルグループの株式会社セディナが発行するクレジットカード

0336351011
0523071560
0924730133
0924735292
◆JCB

株式会社ジェーシービーが発行しているクレジットカード

0120567783
0120362633
0120779941
0669442232
◆トヨタファイナンス

トヨタのグループ会社でクレジットカードを発行している他、住宅ローンなども提供

0356772411
0522392001
0522053700
0522392511
0676954600
◆アイフル

信販系のライフクレジットカードや事業者ローンなども扱っている消費者金融業者
 

0196047216
0120008113
0227267305
0227267307
0252462241
0353548261
0353548461
0350501072
0423037700
0432023481
0453175763
0775031107
0775035102
0775034002
0775032052
0825047814
0862336157
0924125364
◆アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下となっている消費者金融業者
 

0120917245
0120917237
0120399754
0120240417
0120397663
0120629215
0120071000
0196547714
0222616598
0222615222
0252432331
0338341154
0332219270
0453388056
0453146841
0453388049
0453388052
0542550701
0663392640
0669104141
0822465703
0862320164
0963528126
◆プロミス

三井住友ファイナンシャルグループの傘下となっている消費者金融業者

0120935295
0120997189
0120958455
0120997052
0120626072
0120729500
0335438672
0335438596
0356779223
0356779227
0676560847
0677118015
0677118027
0922617668
◆レイク

消費者金融業者だったレイクは新生ファイナンシャルに社名変更、2011年より新生銀行のカードローン商品として扱われている
 

0120019322
0120055221
0120009285
0120090924
0120009131
0120009257
0120009818
0120272019
0120055221
0120131636
0120272019
0120575019
0120777822
◆モビット

三井住友ファイナンシャルグループの子会社、株式会社SMBCモビットが運営する消費者金融業者
 

0120247218
0120035000
0120247217
0120247061
0343333558
0359080241
0368647901
◆ノーローン

新生銀行グループの新生パーソナルローンが運営する消費者金融業者

0120795878
0120666762
0120921373
0120988478
0729606256
0729605138
0769605137
0729606257
0729606259
0729605102
0729605088
◆オリックス・クレジット

オリックスの完全子会社、オリックス・クレジット株式会社が運営する消費者金融業者

0120208580
0120785492
0120765931
0367408734
0425285388
◆ニッテレ債権回収株式会社

債権を抱えている企業から回収を委託、または債権を買い取って回収する会社
 

0112817200
0222169539
0120545808
0337694611
0522035057
0662719909
0825118541
0878234722
0922630551
0922630560
0120206006
0120250078
0120481215
0120374888
0337694611
0570783890
◆日立キャピタル債権回収株式会社

主に日本学生支援機構から委託されて奨学金返済の未払い分を回収している会社

0120211704
0120387600
0120211794
0222117258
0222117261
0222117259

東京ロータス法律事務所はHPがイラストばかりだけれど信用できる?

「東京ロータス法律事務所の弁護士さんって写真が載ってないけれど信頼できるの?」
「東京ロータス法律事務所のHP、他の弁護士事務所に比べるとシンプルだけれど依頼して大丈夫?」

東京ロータス法律事務所は債務整理に強い弁護士事務所として高い評判を得ていますが、確かに他の弁護士や司法書士の公式サイトが贅沢な作りであることに比べると質素ですね。

しかし公式サイトがお金をかけた作りだからといって全面的に信頼できるとは限らず、逆に質素でも債務整理の実績や信頼性が高い事務所もあります。

公式サイトが質素な作りである東京ロータス法律事務所は安心して依頼できる事務所なのか、以下に検証しましたので利用する際の参考にしてください。

旧・岡田法律事務所から東京ロータス法律事務所に法人化!

東京ロータス法律事務所は2017年2月に旧・岡田法律事務所から改名、併せて法人化しました。

法人化すれば会社運営のコストが高くなったり税務申告の業務が増えたりといったデメリットもありますが、東京ロータス法律事務所の場合、信頼性の向上と教務を拡大できるというメリットから法人化に踏み切っています。

旧・岡田法律事務所の時でも債務整理の解決件数が多く、高い信用を得ていました。あえてそのネームバリューを使わず社名変更するのは、相談者や依頼者が法人であればさらに安心できるという理由があります。

すでに新社名でも債務整理の案件を数多く解決しており、ネット内には東京ロータス法律事務所に関する口コミも投稿されています。



画像引用:http://tokyo-lawtas.com/

公式サイトは上記のように写真画像を使わずイラストを多用しています。確かに高級感はありませんが、逆にほのぼのして安心できるという一面もあります。

債務整理を相談する人にとって弁護士事務所は敷居が高い存在と言われている中、東京ロータス法律事務所はイラストを多用することで、あえて相談しやすい雰囲気を作っているとも言えます。

東京ロータス法律事務所の弁護士は少数精鋭の3名!

東京ロータス法律事務所に在籍している弁護士は以下の3名です。

岡田勇仕(おかだゆうじ)代表弁護士

 

  • 東京弁護士会所属 NO.11528
  • 1963年東京大学法学部卒業
  • 1966年司法試験合格
  • 1969年弁護士登録

河原正和(かわはらまさかず)弁護士

  • 第二東京弁護士会所属 NO.10855
  • 1962年早稲田大学卒業
  • 1962年司法試験合格
  • 1968年弁護士登録

永安優人(ながやすゆうと)弁護士

  • 東京弁護士会所属 NO.44304
  • 2009年大阪大学法科大学院終了
  • 2011年司法修習修了
  • 同年  弁護士登録(新64期)

参照元:http://tokyo-lawtas.com/profile.php

ベテランの岡田弁護士と河原弁護士、若手の永安弁護士の3名ともイラストではとても優しい雰囲気で描かれています。なんだか、債務整理の話も自然と相談できそうですね。

在籍弁護士3名は法人化している事務所の中では比較的小規模です。事務所としての受任案件数は必然的に限られてしまいますが、デメリットばかりではありません。大手のように弁護士数が多いと、案件を複数が関わってしまい、進捗が遅くなる可能性があります。

その点、東京ロータス法律事務所は3名がそれぞれ抱えている案件をしっかりと把握しており、責任を持って解決します。利用者にとっても任せた弁護士が最後まで面倒見てくれるのは大きな安心材料ですね。

東京ロータス法律事務所は費用が安くて明瞭!

弁護士事務所は一般的に料金が高いという定評があります。債務整理においても相場は司法書士事務所よりもかなり高めですね。しかし東京ロータス法律事務所は債務整理全体の費用低く設定、ケースによっては司法書士事務所よりも安くなることがあります。

 着手金報酬金減額報酬その他
任意整理1件あたり20,000円1件あたり20,000円減額分の10%1件につき諸費用
5,000円
個人再生300,000円300,000円 諸費用50,000円
自己破産200,000円200,000円 諸費用50,000円
過払い金請求無料無料回収額の20% 

弁護士相場では任意整理の着手金が1件50,000円であることを考えれば、東京ロータス法律事務所の費用がいかに安いか、分かるでしょう。

個人再生や自己破産はほぼ弁護士相場となっており、司法書士事務所よりかなり高くなりますが、これは裁判所が介する債務整理は司法書士の業務に制限があるためです。また債権者1社あたり140万円を超えると司法書士は債務整理できません。

費用が安いといっても、個人再生や自己破産はどうしても高額になります。債務整理を依頼する人には一括で払える金額ではありませんね。

東京ロータス法律事務所では依頼者の経済状態に合わせ、毎月の払える金額を算出した分割払いが可能です。契約する前に費用のことも相談しておいた方が後々、困らずに済みます。

地方でも東京ロータス法律事務所を利用できる!

東京ロータス法律事務所は費用も安いし信頼できるから依頼したいけれど、東京から離れた地方だから無理かも…と思っている人もいるでしょう。諦める必要はありません。東京ロータス法律事務所が受任できる案件であれば全国どこへでも出張する他、各地で無料相談会を定期的に開催しています。

3名の小規模体制で全国に対応している弁護士事務所はあまり聞いたことがありませんね。全国を回っているのは主に上記で紹介した若手の永安弁護士です。フットワークが軽い分、地方でもスピーディーな解決が期待できます。

債務整理は基本的に1回は依頼者と弁護士が面談しなければなりません。しかし地方であっても1回の面談を済ませれば、あとは電話や書類で債務整理を進めることができます。もちろん出張してもらったからといって必ず契約しなければならない、ということはありません(契約しなかった場合は交通費として10,000円が発生します)。

地方でも東京ロータス法律事務所に依頼したいと思った時は、まず無料電話やメールで相談することをおすすめします。

東京ロータス法律事務所の口コミ

東京ロータス法律事務所は公式サイトの作りが質素であっても、費用が安いことや信頼度が高いことなどからすでに多くの利用者がいて、口コミも投稿されています。それらの一部を以下に紹介します。

庶民的な雰囲気が選んだ理由

任意整理の相談をしたくて東京ロータス法律事務所の無料電話を利用しました。選んだ理由は弁護士事務所といっても庶民的な雰囲気がしたからです。面談してくれた岡田弁護士はとても穏やかで紳士的な人でした。借金の話をするのは恥ずかしかったけれど、親身になって相談に乗ってくれたので、その場で契約しました。利息分の減額や毎月の返済額が少なくなったのでホッとしています。

安くても親切で債務整理もスピーディー!

借金返済の相談をしたくて司法書士事務所に行ったら断られました。理由は1社あたりの借金が140万円を超えていたからです。安い弁護士事務所はないかな、と思って探していたら東京ロータス法律事務所がみつかりました。

費用は安くても弁護士さんの対応は親切だったし、債権者との交渉はとてもスピーディーでした。任意整理したおかげで毎月の支払額が減り、生活が安定しました。

個人再生のプランで家を諦めずに済んだ!

消費者金融の借金と住宅ローンを抱え、生活が破綻しそうだったので自己破産しかないかなと思い、東京ロータス法律事務所に相談しました。弁護士さんは私に定期的な収入があることから自己破産ではなく、個人再生のプランを立ててくれました。

認可されるまで時間はかかりましたが、おかげで家を守ることができました。弁護士さんの費用も分割払いできたので元金の返済もラクです。一時は家も諦めていただけに、東京ロータス法律事務所には感謝の気持ちでいっぱいです。

東京ミネルヴァ法律事務所に債務整理してもらった場合にかかる費用

「弁護士事務所に債務整理を依頼すると費用が高くつくんじゃないの?」
「東京ミネルヴァ法律事務所って有名だけれど債務整理の費用はいくらなの?」

弁護士が在籍する東京ミネルヴァ法律事務所は過払い金請求を始め、債務整理に強いと評判の高い事務所です。

借金返済の問題を解決してくれるのは嬉しいけれど、費用が高かったら払えないのではないか?というのが債務整理をしたい人の本音ですね。
以下に、東京ミネルヴァ法律事務所の債務整理にかかる費用を記しましたので、利用する際の参考にしてください。

東京ミネルヴァ法律事務所は債務整理の相談が無料!

弁護士事務所で一般的な法律に関する質問をすると30分間で5,000円が必要です。しかし東京ミネルヴァ法律事務所では債務整理の相談を無料に設定しています。弁護士事務所と聞くだけで腰が重くなる、気が引けるという人でも無料であれば相談しやすくなりますね。

といっても、いきなり弁護士と面談するのではなく、最初は電話で事務所のスタッフに借金の状況を伝え、その情報を弁護士が精査して相談者が希望すれば面談となります。相談者にとって最適な債務整理の方法を提示されるので内容にできれば契約、そこまでの流れが無料となります。




公式サイトには借金専用のフリーダイヤルも記載されています。画像の下部に書かれていますが、ちょっと小さいですね。

0120-255-666が借金問題専用フリーダイヤルなので借金問題を解決するために、まずは電話してみましょう。

いきなり電話をするのが不安な方は簡単フォームから!

\今なら無料診断!/

「いきなり電話で話をするのはちょっと・・・」という方は上記の無料診断フォームから行ってみましょう!

借金の金額や状況を弁護士が把握しやすくなります。

東京ミネルヴァ法律事務所が対処する4つの債務整理解決方法とその費用

債務整理は借金の状態に合わせていろいろな解決方法があります。東京ミネルヴァ法律事務所では、すでに完済している過払い金請求を含めて4つの解決方法を提案しています。それぞれの内容と費用を以下に記しました。

任意整理

着手金報酬金減額報酬その他おおまかな合計
1社あたり50,000円1社あたり20,000円減額できた分の10%通信代など実費1社あたり70,000円+減額報酬

任意整理は債務者が継続的な収入を得ているものの、借金の返済額が生活を圧迫するような状況において有効な債務整理の方法となります。債権者と代理人、つまり弁護士が直接交渉し、利息分を減額したり返済期日を延ばしたりすることができるので、元金は減らなくても毎月の返済を減額できます。

東京ミネルヴァ法律事務所の任意整理に関する費用は着手金が1社あたり50,000円、減額できた債権者1社あたり報酬金として20,000円、さらに減額分の10%が加わります。

たとえば5社から合計500万円の借金があり、各社との交渉で350万円まで減額した場合、5社の着手金と報酬金合計が350,000円、さらに減額報酬150,000円が加わるので総合計は500,000円となります。

個人再生

着手金+報酬金住宅資金特別条項ありその他おおまかな合計
600,000円700,000円裁判所費用など実費600,000~700,000円

個人再生は定期的な収入はあるものの、借金額が多すぎて返済困難になった時に行う債務整理の方法です。裁判所へ申請すれば借金の額に応じて1/5または100万円まで減額されます。もちろん簡単にできる方法ではなく、減額した借金が実際に返せるか試験するトレーニング期間があり、裁判所によっては個人再生委員の監督下に置く場合もあります。

東京ミネルヴァ法律事務所では、個人再生の費用を600,000~700,000円に設定しています。司法書士事務所に比べるとかなり高めですね。もちろんこれには理由があり、債務者の代理人になれるなど司法書士では限定されている業務も履行できるからです。

住宅資金特別条項とは住宅ローンだけを債権者から外し、継続して払うことによって住宅を維持できる特別な手続きで、住宅ローン特則などとも呼ばれています。

東京ミネルヴァ法律事務所では、この手続も含めると100,000円高くなりますが、住宅ローンまで債務整理の対象としてしまうと家が処分されてしまいます。自己破産と違い、個人再生は家を守れる制度があるのでぜひ利用しましょう。

自己破産

着手金+報酬金少額管財の場合その他おおまかな合計
500,000円700,000円裁判所費用など実費500,000~700,000円

自己破産は借金に対する返済能力が消失してしまった場合の手続きとなります。裁判所が認可すれば借金は全額免責となりますが、すべての申請が認可されるわけではなく、ギャンブルや投資の資金源として借金をした場合などは不認可となります。したがって自己破産は法的に詳しい弁護士に依頼する方が賢明です。

東京ミネルヴァ法律事務所では一般的な同時廃止の自己破産に関する費用を500,000円に設定しています。自己破産は借金が免責となる代わりに資産が没収されます。しかし資産そのものがなければ没収もできませんね。同時廃止とは破産手続きが開始と同時に終了するという、自己破産手続きそのものを簡略した方法です。

借金は払えなくても財産がある場合、没収した後で債権者へ配当しなければなりません。この業務を行うのは裁判所が選任した弁護士ですが、当然、費用が発生します。しかし財産が少なければ弁護士業務が雑多になるだけで費用分まで配当が回らなくなります。そんな時に適用されるのが少額管財です。東京ミネルヴァ法律事務所では少額管財の扱いになった場合、200,000円が加算されます。

過払い金請求

着手金報酬金成功報酬その他おおまかな合計
1社あたり50,000円1社あたり20,000円過払い金の20%通信代など実費1社あたり70,000円+成功報酬

過払い金請求は東京ミネルヴァ法律事務所がもっとも力を注いでいる債務処理です。2010年以前に消費者金融などから借金し、完済している人または現在も返済中の人は過払いの可能性があります。完済している人は返金、返済中の人でも大幅な減額が期待できます。

着手金と報酬金、成功報酬が発生しますが、着手金は返金額300,000円未満の場合免除、報酬金は100,000円未満の場合免除となるので実質、出費はありません。ただし2010年以降の借金は法定利息内であるケースがほとんどなので、過払いの可能性は少なくなります。

また完済から10年以上経過していると時効が成立するので過払い請求ができなくなります。過払いに心当たりのある人は、早めに東京ミネルヴァ法律事務所に相談しましょう。

東京ミネルヴァ法律事務所の費用は分割払いが可能!

東京ミネルヴァ法律事務所の費用はほぼ弁護士事務所の相場に準じており、平均的な設定になっています。相場的にはけっして高くはありませんが、やはり個人再生や自己破産になると、まとまった金額になりますね。

お金がないから個人再生や自己破産を申請するわけですから、これじゃ依頼できない!と思うのは当然です。ご安心ください。東京ミネルヴァ法律事務所では、かかった費用を依頼者の支払状況に合わせて分割にすることが可能です。

任意整理や自己再生は元金の返済もあるので弁護士費用と合わせて両方を払わなければなりませんが、元金返済は弁護士費用の払いが終わってから、つまり両方を一度に払う必要がないのです。

これなら毎月の返済額を払えるだけに設定できるので、費用の心配をせず依頼することができます。分割払いに関しても面談の段階で決めるられるので弁護士さんと必ず相談しましょう。

東京ミネルヴァ法律事務所の無料診断&無料相談会でわかること

「ネットに東京ミネルヴァ法律事務所の無料診断フォームがあるけれど安心して使えるの?」

「東京ミネルヴァ法律事務所は各地で無料相談会を開催しているけれど信頼できる?」

これまで数多くの債務処理を手がけてきた東京ミネルヴァ法律事務所は、債務整理に関する無料相談を積極的に受け付けています。

相談したいけれどいきなり電話は気が引ける、という人のために入力項目が簡単な無料診断フォームを用意、東京在住以外で債務整理したい人のためには現地に出張して無料相談会を開催しています。

この2つの無料相談が債務整理にどのような役に立つのか、以下に記しましたので参考にしてください。

簡単な入力だけで東京ミネルヴァ法律事務所の診断を受けられる!

債務整理をしなくちゃいけないんだけれど、相手にいきなり生活が困っていることを言うのは恥ずかしい、そんな気持ちがあると無料でも電話するのは気が引けるものです。

そんな人はいきなり電話せず、最初はネットの無料診断フォームで相談を始めてみてはいかがでしょう?

東京ミネルヴァ法律事務所の無料診断フォームは必要最低限の入力項目しかなく、簡単に送信できます。相談するための決意はバナーをクリックするだけです。

無料診断フォームは以下のような流れです。

まずは借金の状態を入力

最初に借金の具体的な状態を記入します。すべて選択方式なので、それぞれ範囲内となっている項目を選んでください。ただし、ここで見栄を張って虚偽の選択をすると後々、不具合が発生するので正直に記入しましょうね。

次に借金の経歴を入力

続いては借金の経歴です。こちらは二択なのでさらに簡単ですね。借金の経歴は相談者の債務整理にどのような方法が有効なのか、それを判断をするための重要な情報となります。

最後に個人情報の入力

最後は個人情報の入力です。電話番号が必須になっているのは折返し東京ミネルヴァ法律事務所から本人に電話をかけるためです。

最初は事務所のスタッフが相手となり、話に内容は無料診断フォームの記入項目や相談の意思を確認、相談の予約といった事務的なことで、相談したからといって契約を迫られることもありません。

東京ミネルヴァ法律事務所は弁護士と相談者が面談を行い、その時に弁護士から状況に応じた具体的な債務整理の方法が提示されます。契約はその後となりますので、安心して面談まで行ってください。もちろん面談も無料です。

東京ミネルヴァ法律事務所無料診断フォームの口コミ

東京ミネルヴァ法律事務所の無料診断フォームは使いやすいことから利用者が多く、比例して口コミも見つかっています。以下にその一部を紹介します。

入力しただけで過払いの可能性に言及!

2012年に消費者金融の借金を完済しています。かなり長い間返済していたので過払いしているのではないかと最近になって思い始め、弁護士事務所を探していました。その時、東京ミネルヴァ法律事務所の無料診断フォームが目に止まりました。入力して送信後、翌日には事務所から電話があり、過払いの可能性があるということで面談して契約、その後、86万円が戻ってきました。あっけないくらい簡単に過払い金請求ができました。

電話は気が重かったので無料診断を利用!

消費者金融やカードローンから借金を返済中ですが、毎月の支払いが困難なのでどうしうかと思っていました。知人から東京ミネルヴァ法律事務所を紹介されましたが、やはり弁護士事務所に電話するのって気が重いですね。一応、ダメ元で無料診断フォームに入力して送信したら、2〜3日にして弁護士さんから電話があり、任意整理という方法を教えてもらいました。面談後に契約、任意整理の結果、毎月の支払額が少なくなり、支払い期間も延長してもらったのですごく助かりました。

東京ミネルヴァ法律事務所の無料診断フォームでわかること

無料診断のネーミングでも分かるように、言ってみれば医師の診察のようなものです。入力された情報を事務スタッフが確認、精査して弁護士に伝えます。弁護士はその情報を見て、相談者の債務状況を判断するわけですね。

もちろん入力情報だけでは最適な債務整理の方法は分からないし、相談者の意思もあるので改めて電話で確認を行います。その上で最適な債務方法を提案、相談者がそれを受け入れた段階で面談となります。

無料診断フォームを使ったことで相談者が債務整理に分かることはありませんが、弁護士側は相談者に最適な債務整理の方法が分かります。とくに過払い金請求は東京ミネルヴァ法律事務所の得意分野なので、スピード解決が図れます。早めにポチッとして債務整理の悩みを解決しましょう。

東京ミネルヴァ法律事務所の無料相談会はその場で最適な解決方法が見つかる!

東京ミネルヴァ法律事務所は川島浩代表の他、5名の弁護士が在籍する中規模の事務所ですが、積極的に日本各地で無料相談会を開いています。2019年9月だけを見ても北海道、青森県、宮崎県に三重県と4ヶ所で開催していますね。

無料相談会を利用するメリットは下記のようにいろいろあります。

  • 地元で債務整理に強い弁護士を知らない、またはいない人に最適
  • 開催会場へ行くので弁護士に会うということが周囲に分かりづらい
  • 無料で面談できる
  • 契約は1回面談するだけでいいので、依頼後は電話や書類でやりとりができる
  • 過払い金の発生がすぐに分かる

地方都市の弁護士事務所や司法書士はそのほとんどが個人運営で、必ずしも債務整理を引き受けてくれるとは限りません。その点、東京ミネルヴァ法律事務所は全国区で債務整理に強い弁護士事務所として知られているので安心して相談できますね。

また出張無料相談は弁護士事務所で行われるのではなく、出張先の文化センターなどを会場にしています。弁護士事務所に入るのは周囲の目が気になるという人でも、気兼ねなく相談に行けます。

開催時間は主に9:00〜21:00まで(開催場所によって変更あり)となっているので、仕事が終わった後でも十分、間に合います。なお、無料相談会は予約制となっています。予めスケジュールを確認して公式サイトから、または予約フリーダイヤルから申し込んでください。

無料相談会は弁護士が行うので、実質的な面談となります。したがって相談者の借金の状態をその場で判断し、最適な債務処理の手段が分かります。

電話や無料診断フォームよりもスピーディーな解決が望めるわけですね。もちろん相談したからといって契約を強要されることはありません。相談内容に納得でき、弁護士に対して信頼できると思った段階で契約しましょう。

なお、開催場所と日時は随時、公式サイトに掲載されています。

東京ミネルヴァ法律事務所出張無料相談会の口コミ

東京ミネルヴァ法律事務所の出張相談会は継続的に開催されており、利用者も多いことから比例して口コミもネット内で相当数が見られます。以下にその一部を紹介します。

相談会に行って不安を解消!

青森に住んでいますが、弁護士事務所が近くにないので債務整理をどうしようかと悩んでいた時に、東京ミネルヴァ法律事務所の無料相談会があることを知りました。

すぐに予約を入れ、当日、ちょっと不安でしたが会場に行きました。面談してくれた弁護士さんはとても親切で、話をじっくり聞いてくれた上で任意整理を提案していただきました。思いきって相談して良かった!

過払い金請求の費用は一切なし!

鹿児島県在住です。消費者金融の借金を完済して、もう少しで10年経つところでした。過払い金請求が気になって東京ミネルヴァ法律事務所の相談会に行ったところ、弁護士さんから「もう少し遅かったら過払い金請求ができませんでした!」と言われ、その場で契約しました。

費用は返金された分から20%払うだけなので一切かかっておらず、手元には65万円が残っています。過払い金があるのでは?と疑問を感じたら早めに相談した方が良いですね。

東京ミネルヴァ法律事務所の無料相談会でわかること

債務整理に強い弁護士事務所や司法書士事務所はほとんどのところが無料相談電話を設けています。いきなり会うよりも少しは気がラクになりますが、電話に弁護士や司法書士が出ることはなく、最初は事務スタッフが対応します。

つまり無料電話相談は精神的負担が少ない分、時間がかかるわけですね。その点、無料相談会は予約さえ入れておけば事務スタッフによる情報の確認という手間を省け、当日に弁護士と面談することができるので債務整理の最適な方法がその場で分かります。

義務化されている債務整理の面談は1回すればいいだけですから、その後はたとえ東京との遠隔地であっても書類や電話で連絡を済ませられます。身近なところで無料相談会の開催があったら、ちょっとだけ決意して予約を入れましょう。

実際に債務整理を依頼するときにかかる費用

東京ミネルヴァ法律事務所の無料診断で、どれぐらい借金が減額されるのか、もしくはどのような解決方法があるのかの説明を受けて納得がいけば、実際に債務整理を依頼します。

実際に債務整理を依頼するともちろん費用はかかりますので、詳しくは下の記事で解説しております。分割払いは可能か?についても言及しています。