自己破産とクレジットカードや新たな借り入れ

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

自己破産の申し立てについて裁判所から許可を受けて確定した場合、未納の税金等、一定のものを除いてすべての債務が免除になりますが、自己破産後は、新たにクレジットカードを作ったり、住宅ローンやキャッシングなど新たな借り入れを行うことはできません。

多額の債務をすべて免除してもらったほかに、新たな借り入れを行うなどできるわけがないことは、一般的に考えますと当然ですが、本記事では、自己破産をすることで起こり得る弊害をはじめ、自己破産とクレジットカードや新たな借り入れとの関係や要点について解説していきます。

自己破産によって起こり得る弊害

自己破産をすると一定の財産を除いて換価処分されるほか、普段の生活におきましては、郵便物が破産管財人(弁護士)に転送されて中身を確認され、職業の資格制限を受けたりすることになります。

あまりあてはまることは少ないかもしれませんが、海外旅行や海外出張の場合は裁判所の許可が必要になります。

なお、自己破産における法律上の効果が直接、配偶者や子どもに及ぶことはありませんが、自己破産によって十分なお金や余力がないことを踏まえますと、家族全員が何かしらの大きな影響を受けてしまう可能性は決して否めません。

自己破産とクレジットカードとの関係

裁判所から自己破産手続開始決定がされると、新たなクレジットカードを利用するのは難しくなります。これは、自己破産をしたという事実が金融取引上の事故、いわゆる金融事故として信用情報機関に登録されるためです。

巷では、ブラックリストに載ると言いますが、この信用情報機関への登録期間は、「5年から10年」が目安となっています。

信用情報機関は、おもに「銀行系」、「消費者金融系」、「クレジット・信販系」でそれぞれ管理しているところが異なる特徴があるほか、貸金業者やクレジット会社などによって登録している信用情報機関も異なっています。

たとえば、自己破産手続き前に消費者金融やクレジットカード会社から多額の借金をしてブラックリストに載ってしまった場合、取引の無かった「銀行系」からお金を借りることができる程、自己破産は決して緩いものではありません。

すべての信用情報機関で金融事故の情報は共有されていることも合わせて押さえておく必要があります。

自己破産と新たな借り入れとの関係

自己破産をした場合、新たな借り入れにつきましてもクレジットカードの取り扱いと同様になります。詳しくは、前項を参照するようにして下さい。

自己破産における2つの大きな誤解

自己破産という言葉が重々しいだけでなく、イメージが独り歩きしている部分もあり、実は大きな誤解を持っている人が多く見受けられます。本項では、特に注意しておくべき自己破産の大きな誤解を2つ解説します。

自己破産をすると一生涯お金が借りられないわけではない

先に解説しましたように、自己破産をすることで信用情報機関に金融事故として登録されることになるため、どこに申し込んでもお金を借りることができなくなります。

ただし、信用情報機関における登録期間の目安である5年から10年が経過し、金融事故の履歴が同機関から無くなることによって、また新たにお金を借りることが可能になります。

同様に、新たにクレジットカードを作成申し込みすることも可能になります。重要なのは、いずれも申し込みにあたり、「安定した収入」や「他の金融事故歴がない」など、金融機関が健全な状態と判断できることが求められます。

自己破産をしても生活に必要な財産は残せる

自己破産をするとすべての財産が取り上げられてしまうイメージを持たれる人が多いのですが、これは大きな誤解です。

自己破産をしたとしても、最低限、生活していくための財産を残してもらうことができ、このような財産のことを「自由財産」といいます。

自由財産は、「99万円までの現金」と「差押禁止財産」の2つに大きくわけられ、差押禁止財産には、「生活のための衣類」「寝具」「家具」「台所用具」「1ヶ月分の食料および燃料」「実印」「位牌」「子どもの学習用品」などがあります。

自己破産の目的は、現在抱えている債務をすべて免除することで、新たな人生の再スタートをするところにあるため、厳しい生活を強いられながらも、生きていくための財産を残さなければ目的を達成することはできません。このような理由から自由財産は存在していることになります。

まとめ

本記事では、自己破産とクレジットカードや新たな借り入れとの関係や要点について解説しました。

仮に自己破産をしたとしても、任意整理や個人再生など他の債務整理とほぼ同様の取り扱いがなされ、5年から10年が経過すれば、新たにお金を借入できたり、クレジットカードを作成できることがわかります。

自己破産は、借金解決するための最後の手段であるものの、手続き後の弊害は意外と普通と感じられた人も少なくないのではないでしょうか?

とはいえ、自己破産は自分だけでなく家族全員が人生において大きな弊害を抱えることになりますので、自己破産をすることだけは絶対に避けなければならないと改めて感じる必要性があります。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009