自己破産後の生活は何がどう変わるのか?

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

自己破産は、人生の再スタートをするための最後の手段です。

しかし、自己破産を経験するのは初めてで、その後の生活はどのようになってしまうのか不安でしかたがない方もたくさんおられると思います。

結論から申し上げると、自己破産をした後の生活は、不便な部分もありますが、今までの生活と何ら変わりません。

むしろ借金の返済で毎日びくびくしていた生活から解放されることで前向きに人生を歩むことができます。

本記事では、自己破産後の生活について、いくつか具体的な事例を紹介することで、今までの生活と変わらない理由を解説していきたいと思います。

自己破産後の仕事に支障はでないか

自己破産をすることで、仕事に支障をきたしたり、勤務先を含めた他人に知られてしまうのを心配する人が多いと思います。

勤務先を含めた他人に知られてしまう心配についての解説は、次項で解説することとしまして、ここでは自己破産後の仕事に支障がでないかについて解説していきます。

結論から解説しますと、現在就いている職業によっては、一時的な制限を受けることがあります。具体的には、弁護士や税理士といった「士業」のほか、従業員として雇われている場合は、「生命保険や損害保険関係」「警備員」「金融商品取引業関係」などが該当します。

参考:自己破産手続き中に就けない職業「資格制限」とその理由

誤解のないように解説を付け加えますが、仕事を失業するといったことではなく、一時的に業を行えなくなるといった意味となりますので「復権」することで再び業を行うことができるようになります。

該当する職業に就いている場合は、担当の弁護士へ相談して具体的な指示を受けることが望ましいでしょう。

勤務先を含めた他人に知られるのではないか

自己破産をすると、裁判所や担当する弁護士等はもちろん、借金をしていた相手方は知ることになりますが、それ以外の他人に対して自己破産をしたということを通知することはありません。ただし、自己破産手続は政府刊行物である「官報」に掲載されることになります。

一般の人や一般の企業で官報を定期購読したり、毎号必ず官報をチェックしているということはほとんどないと予測できますが、勤務先を含めた他人に知られる可能性は全くない訳ではありません。

仮に前項で解説した業種以外の仕事に就いていた場合におきましては、自ら自己破産手続を行って破産手続開始決定を受けたことを勤務先や他人に伝えなければならない義務はありません。

債権者から嫌がらせを受けないか心配

自己破産手続は、裁判上の手続であり公的手続です。そのため、債権者が嫌がらせをしたり、強制的にお金を取り立てたりすることは当然に禁止されており、保護される立場にありますので安心してよいでしょう。

実際に不当な嫌がらせをした債権者に対して多くの裁判所は「不法行為」と認定し多額の損害賠償金の支払命令を発している裁判例がいくつもあります。万が一、そのような行為があった場合は、速やかに担当の弁護士へ連絡して対応を求めましょう。な

お、嫌がらせではありませんが、友人や知人から助けてもらう意味合いでお金を借りていることも考えられますが、自己破産手続ではこのような人たちに優先的にお金を返すことはできません。

関係がぎくしゃくしてしまうことも十分考えられますので、自己破産手続前にこれらのお金について解決できるよう努めることも大切と言えます。

自己破産手続で不便になること

自己破産手続で不便になることは、やはり「借入が行えなくなる」ことでしょう。

自己破産手続後において、仮にお金が必要になって金融機関などに借入の申し込みをしたとしても、お金を融資してもらうことはできません。

これは、自己破産手続をした事実が信用情報機関に登録されることによってお金を返してもらえる信用がないと判断されるためです。いわゆるブラックリストに載るとも呼ばれ、登録期間は、5年から10年とされております。

とはいえ、無借金の状態で今あるお金のみで生活していくことは、健全な家計を作っていくための基本中の基本であることを踏まえますと、いかに普通の生活を営めることが幸せなのか再認識できるのではないでしょうか?

まとめ

本記事では、自己破産後の生活における具体的な事例を紹介しました。

自己破産後の生活は、全く変わらないといったことではないものの、今までの生活と極端に変わらないことを確認することができたのではないでしょうか?

あまりいないと思われますが、自己破産手続は、人生の再スタートをするための重要な公的手続でありますので、配偶者がいる場合は、せめて2人で相談して手続を実行するようにして下さい。

家族や親せきに知られたくない気持ちはよくわかりますが、自動車の取得や住宅の取得など配偶者と相談して決めるべきことがたくさんあるからこそ、秘密にしておくことはできる限り避けなければならないでしょう。

離婚の回避などで、ずっと秘密にしておく人も中にはおられるようですが、家族の幸せを考えますと、自己破産手続をしたことをずっと隠されている方が相手にとってよほど不幸なのではないでしょうか?

自己破産手続後に、新たな気持ちでやり直す強い気持ちと行動があれば、人生はいつかきっとうまくいくものであると信じたいものです。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009