小室圭さんの母「小室佳代さん」の借金問題は何が問題になっているのか?

「小室圭さん、最初は爽やかに感じたけれど母親が出てきてから急に胡散臭く感じてきた」
「佳代さんの内縁の夫とかいう男性、一度女性に差し出したお金なんだから諦めればいいのに」

相変わらず解決の糸口が見えない秋篠宮眞子内親王(以下眞子様と表記)と小室圭さんの婚約問題、母佳代さんの借金が発覚してからマスコミが加熱報道するほど大衆も騒がしくなって、本人同士の思いとはかけ離れた関係になっていますね。

とはいえ、皇室の結婚だからここまで大きくなったわけで、佳代さんと元・内縁の夫との問題は普通の男女でも起こりがちなことです。

同じ轍を踏まないためにも、小室圭さんの母佳代さんと内縁であった夫との借金で何が問題になっているのか説明しましょう。

弁護士の顔画像

借金問題に強いのが「東京ミネルヴァ法律事務所」です。本気で借金から解放されたい方はすぐにシミュレーションしてみましょう!(全国対応相談無料

\まずは無料シミュレーション!/

問題は贈与なのか借金なのか?

カンタンにおさらいすると、眞子様と圭さんは大学時代に知り合い、恋人同士となって婚約の運びとなったけれど、圭さんの母親、佳代さんの元・内縁の夫という人物が交際中に貸した約400万円を返して欲しい、と言い出したことから問題が始まりました。

佳代さんは「貰ったお金だから返す必要はない」と言い、元・内縁の夫は「貸した金だから返すのは当たり前」と主張しているので平行線の状態になっています。

男女間のお金の問題はとかく、愛憎が絡んでいるので問題が噴出するまでに2人の間にどのような経緯があったのか、どうして婚約発表の後に借金を蒸し返したのか、なぜマスコミに流れたのか、すべては憶測の域を出ませんが、露出している点に限っていえば問題となっているのは元・内縁の夫から佳代さんに渡された約400万円が「贈与」なのか「借金」なのか、この点だけです。

内縁関係であっても相互扶助によって贈与税納付義務はない!

「元・内縁の夫が圭さんの学費援助で差し出したお金なんだから贈与でしょ?だったら返す必要なんて、ないんじゃない?」

金銭を受け取った側がこのような主張をするのは佳代さんだけに限ったことではなく、往々にして見られることです。とくに結婚詐欺を働く男女なんて、相手の弱みにつけ込んでお金を巻き上げるわけですから、金銭を受け取ったことに対する罪の意識が薄く、あるいはまったくないなんてことも多々、あります。

一般的に、年間110万円の贈与には税金がかかります。元・内縁の夫は2年間で約400万円を「渡した」わけですから、贈与ということであれば贈与税の対象になります。佳代さんは贈与税を納付していなかったので、元・内縁の夫とは関係なく、納税義務を怠ったという問題が発生しそうですね。

しかし夫婦で生活のためのお金を「渡した」からといって贈与にはなりません。内縁関係であっても「相互扶助」が認められるので贈与には該当せず、したがって納付の義務も生じません。

では、贈与であれば佳代さんにまったく問題はないのでしょうか?

内縁関係が認められないと遺族年金不正受給の疑いあり?!

佳代さんの夫はすでに亡くなっているので内縁関係を結べたわけですが、夫が亡くなってから受け取っていた遺族年金を内縁関係となった後も佳代さんは継続して受給していました。

遺族年金の受給資格には「婚姻していないこと」がそのひとつにあり、内縁関係も婚姻とみなされます。つまり佳代さんが贈与を受けていた2年間、不正受給していたことになります。

もっとも、遺族年金の不正受給が時効になるのは5年、内縁関係は2010年から2012年なのですでに納付する義務はありませんが、やはり皇室の婚姻となった場合、たとえ母親のしたことであっても婚約者として相応しくないという風潮になるのは仕方のないことでしょう。

不正受給の時効は5年であっても贈与税の時効は7年、つまり2020年の3月に成立します。不正受給によって内縁関係が認められないと司法が判断したら、税務調査される可能性は十分にあります。

贈与された期間、佳代さんが内縁の妻であったならば問題は生じなかったのですが、その証明を自ら打ち消す行動を取っていたことが大きな問題です。

メールで借金の申し込みをされたことが主張の根拠

「貸した金なんだから返せよ!400万円って大金だぞ!」

お金を貸した人にしてみれば当然の言い分ですね。たとえそれが内縁という男女の関係に発展していたとしても、関係が壊れたとしても、やはり借りたものであれば返さなくてはいけません。

もっとも、世間では惚れた女に400万円以上もお金を渡し、別れる時は惚れた期間の感情を大切にするために潔くお金を諦める男性もたくさんいます。

元・内縁の夫が佳代さんに約400万円を贈与ではなく貸したお金と主張する理由のひとつは佳代さんから「メールで借金の申し込みがあった」ことです。

ネット内には佳代さんの「メールと思わしきもの」が出回っていますし、佳代さん自身もお金を受け取ったことは認めているのでメールが借用書としての効果があれば、約400万円は贈与ではなく借金となります。

佳代さんが送ったとされるメールは果たして、借用書として認められるのでしょうか?

メールでも借用書としての有効性はあるのか?

お金の貸し借りを含め、契約は口約束でも有効な場合があります。口約束に民法上における契約の有効性を示す証拠があればいいわけですね。

したがって元・内縁の夫が証拠として上げている「佳代さんが送ったとされる借金の申し込みメール」に契約の証拠があれば。約400万円は借金とみなすことが十分可能になってきます。

しかしメールは本人が送った、と特定することが難しい性質を持っています。また送られてきたメールを改ざんすることが可能なことから訴訟の際の証拠になりづらいのが現状です。

しかも佳代さんは「そのような内容を送った覚えはない」とか「お金は返さなくていいという主旨の発言があった」とも語っています。

口喧嘩レベルの泥仕合となりつつありますが、佳代さんが送ってきたとされるメールを借金の証拠として示すには、かなり弱い部分があるといえるでしょう。

なぜ、元・内縁の夫が5年以上前に渡した約400万円が今になって醜聞として出てきたのか不明ですが、元・内縁の夫と小室佳代さんの経歴などが次々に明かされると余計な憶測が生まれ、醜聞が独り歩きを始めてしまった感があります。

どちらも弁護士を代理人としているので、約400万円は贈与なのか借金なのか、これを決めるのは弁護士の力量次第になりそうですね。

佳代さんと元・内縁の夫が残したお金の貸し借りにおける教訓

小室佳代さんと元・内縁の夫が繰り広げているお金に関するトラブルはけっして珍しいケースではないし、男女の愛憎は本人以外には理解不能な点が多々あります。

それでも金銭の受け渡しに関してはいくつかの教訓を残してくれました。

たとえば口約束です。男女間でお金を渡す場合、愛情があるうちはつい「返さなくてもいいから」とか「返済はいつでもいいから」なんて格好つけて言いがちですが、こんな内容のことを言ったら借りた側は口約束を理由に返済しなくても法的に問われることはなくなります。

言った以上、愛情がなくなったから返せ、というのは通用しなくなるので注意しましょう。

それから借用書ですね。相手から「お金を借りたい」というメールの着信があったからといって借用書の証拠になりにくいのは前述した通りです。本気でお金を貸すのであれば、法的に通用する借用書を作ってください。必要な記入事項は以下のようになります。

  • 書類名称(この場合は借用書)
  • 作成日
  • 金額
  • 返済方法と返済期日
  • 借りる人の名前・住所・印鑑(印鑑証明を添付)
  • 貸す人の名前・住所・印鑑(印鑑証明を添付)

注意点としては必ず借用書と記入してください。タイトルがないと領収書などと間違われる可能性があります。また金額は手書きの漢字であれば改ざんしにくくなります。借用書の信用性をさらに高めるのであれば、遅延損害金の明記や連帯保証人をつけるのも有効です。

上記の借用書であれば個人間でも有効性を高めることができますが、さらに確固たる証拠とするには弁護士事務所や司法書士事務所で作成する方法があります。費用は約10,000円前後なので、後々、トラブルを避けるためにも、多少の出費は覚悟の上で信頼できる弁護士や司法書士に作成を依頼しましょう。

お金の貸し借りは身内でもトラブルになるケースがあります。関係性を壊さないためにも貸し借りの条件を曖昧にせず、はっきりさせておきたいですね。

借金を解決する!

東京ミネルヴァ法律事務所

 

東京ミネルヴァ法律事務所」は全国対応・相談無料の債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間受付・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


借金を解決する!