債務整理により口座が凍結される期間は?

監修者

元弁護士ライター 福谷 陽子

債務整理は、消費者金融や信販会社はもちろん、銀行のローンやクレジットカードでも行なうことができます。

ただしその場合、その銀行に開いている口座を一時的に凍結されてしまう可能性がある点に注意が必要です。

口座が凍結されると、現金の引き出しはもちろん、家賃や光熱費などの引き落としもできなくなるため、その後の生活に大きな支障が出てしまいます。

ここでは、債務整理で口座が凍結される期間や、凍結による生活への影響を最小限にとどめるための方法についてご紹介していきます。

債務整理で口座が凍結されるケースとは?

債務整理で銀行口座に影響が出るのは、「銀行からの借金を整理した場合」です。

たとえば、銀行の住宅ローンや教育ローン、カードローン、クレジットカードなどを債務整理の対象に含めると、その銀行に開設している口座が一時的に凍結されることがあります。

ローンの返済に使用している口座はもちろん、同じ銀行に本人名義の口座がほかにもある場合は、そちらも凍結される可能性が高いです。

凍結とは、その口座が使えなくなってしまう状態で、引き出しはもちろん、自動引き落としもできなくなります。

その上で、口座に残高がある場合は強制的に引き落とされて、返済にあてられるのが一般的です。このことを「相殺」と言います。

たとえば100万円の借金が残っていて、口座に30万円ある場合、銀行は少しでも多くのお金を回収するために口座を凍結して、30万円を残債の返済にあてます。

銀行のローンでは保証会社が入っていることが多いため、相殺後に残った借金は保証会社が代わりに返済します。このことを、「代位弁済」と言います。上の例でいうと、残り70万円は保証会社が支払うということです。

このような、銀行による口座凍結や相殺については、ローンの約款に明記されています。なお、その銀行に口座を開設しなくても利用できるローンの場合には、凍結が行なわれないことが普通です。

また、凍結されるのはあくまで借金のある銀行の口座だけで、他行の口座にはまったく影響がありません。

銀行口座を凍結されるとどうなる?

約束通りの返済ができなかった以上、銀行口座の凍結は仕方のない措置ではありますが、実行されると色々困ることが出てきます。

凍結が解除されるまでの間、口座は一切使用できない状態となるため、たとえば給与が振り込まれても引き出すことができません。

また、自動引き落としの機能も一時的にストップしてしまいますので、その口座から家賃や公共料金などが引き落とされている場合は、延滞することになってしまいます。

凍結期間が短ければまだいいものの、何ヶ月か続くとなると、電気やガスを止められたり、借家からの退去を命じられたりしてしまうかもしれません。

債務整理で口座が凍結される期間はどれぐらい?

債務整理で銀行口座が凍結される期間は、銀行によってもまちまちですが、以下の項目で説明するように、平均すると1~3ヶ月ほどといわれています。

凍結が解除された後は、再び預貯金や自動引き落としなどに口座を使えますが、その銀行で新たにローンを組むことはできなくなります。

口座凍結のタイミング

弁護士や司法書士に債務整理を依頼した場合、「受任通知が銀行側に届いた時点」で口座が凍結されることが多いです。

受任通知とは、弁護士や司法書士が「私が債務者の代理人になりましたよ」ということを知らせる書面で、債務整理を依頼するとすみやかに発送されます。

受任通知が届くと、債権者は債務者に対して直接の取り立てができなくなるため、督促がストップするメリットがありますが、銀行はこの時点で口座を凍結し、預金で相殺することが一般的です。

一方、弁護士や司法書士に依頼せず、債務者自身で行なうことの多い「特定調停」の場合は、「申し立てがあった旨を通知する書面(申立書の副本および申立受理通知)が債権者に届いた時点」となります。

こちらは通常、申し立て後2~3日中に裁判所から送付されますので、受任通知と比べると若干遅くなる可能性があります。

口座凍結が解除されるタイミング

口座凍結が解除される時期は、通常「預金で相殺した後、保証会社が代位弁済を行なった時点」となります。

先にご説明したように、銀行のローンでは保証会社を立てている場合が多いため、万が一返済が滞ったり債務整理が行なわれたりすると、債務者の代わりに保証会社が返済の義務を負います。

代位弁済が済むと、銀行に対する借金はなくなったということですから、口座凍結も解除されます。これが早くて1ヶ月、長くても3ヶ月程度となるのです。

債務整理による口座凍結で困らないための対策

債務整理による口座凍結はあくまで一時的な措置ではありますが、その間、口座が機能しなくなるのは困る人も多いと思います。

そこで、ぜひ前もって行なっておきたいのが、以下の3つの準備です。

①銀行口座の預金を引き出しておく

銀行のローンを債務整理する場合、その銀行の口座にあるお金はすべて引き出し、残高をゼロにしておきます。

ローンの返済に使っている口座だけではなく、その銀行に開設している口座の預金はすべて引き出しておきましょう。

②給与の振込がある場合は、振込先を変更しておく

債務整理をする銀行の口座を給与の振込先にしている場合は、ほかの金融機関の口座に変更しておきます。

ちなみに、債務整理で相殺されるのは「凍結された時点で口座にあるお金」ですので、その後に振り込まれた給与を取られてしまうことはありません。

ただし、口座の凍結が解除されるまでは、生活費を出金できなくなってしまいます。

銀行との交渉しだいでは、給与を引き出せることもありますが、手間がかかるため他行の口座に振込先を変更しておいたほうが安心です。

③自動引き落としがある場合は、支払い方法を変更しておく

債務整理をする銀行の口座から自動引き落としになっているお金がある場合は、あらかじめ別の支払い方法に変更しておきます。他行の口座からの自動引き落としにするか、もしくは振込用紙を使った支払いに変更しておきましょう。

まとめ

債務整理によって、銀行の口座が凍結される期間や、その対処法についてご紹介しました。

口座が凍結される期間は、およそ1~3ヶ月です。この間は、お金の引き出しも自動引き落としも一切できなくなる上、口座にあるお金は返済にあてられてしまいます。

支払いが滞ってしまった以上、避けられない措置ではありますが、生活への影響を最小限に抑えるためにも、口座を空っぽにしておくなどの事前準備が必要です。

弁護士や司法書士に債務整理をする場合、受任通知を送付する前にそうした指示を受けられると思いますが、自分で行なう特定調停の場合は意外と見落としがちですので、忘れず対策しておくことをおすすめします。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009