東京ロータス法律事務所の債務整理にかかる費用まとめ!分割払いも可能?

一般的に、弁護士事務所に債務整理を依頼すると費用が高いと言われています。実際、司法書士が在籍する事務所より費用を高く設定しているところは数多くあります。

弁護士の方が債務整理において幅広く対応できるため、費用が高くなるのは当然のことですが、そんな中、東京ロータス法律事務所は全般的に費用が安いという評判を得ています。

東京ロータス法律事務所に債務整理を依頼した時の費用をケース別に検証したので、利用する際の参考にしてください。

\無料相談受付中/

弁護士の顔画像

借金問題に強いのが「東京ミネルヴァ法律事務所」です。本気で借金から解放されたい方はすぐにシミュレーションしてみましょう!(全国対応相談無料

\まずは無料シミュレーション!/

東京ロータス法律事務所は債務整理の相談が無料!

借金が膨れて返済に困っている!といった状況では、自分で解決することがほぼ不可能ですね。債務整理といってもいろいろな方法があり、状況によって変わってくるのでまずは弁護士に相談することが最優先です。

東京ロータス法律事務所は一般的な法律相談をすると30分5,000円ですが、債務整理に関しては初回無料となっています。初回とは初めての相談という意味で、1回限りではありません。初めての債務処理の相談であれば、納得できるまで何回でも電話をかけられます。

無料とはいっても、どうしても自分から電話するのは気が進まないとか気後れするという人のために用意されているのが、公式サイトのメールフォームです。

東京ロータス法律事務所の無料相談フォーム

http://tokyo-lawtas.com/contact/

上記のように、とても簡単な入力項目しかありません。まるで生命保険や不動産の一括査定サイトみたいですね。しかも本名は隠したままでも送信できます。

電話でもメールでも、最初に対応するのは事務所のスタッフです。その後、相談の内容を弁護士に伝え、解決策がある場合は弁護士または事務所スタッフから折り返し電話があります。ただし、依頼する際は必ず面談をしなければなりません。

書類の送付だけで済ませる法律事務所もたまにありますが、東京ロータス法律事務所は依頼者と面談し、最適な解決方法を提案するので安心して任せることができます。

東京ロータス法律事務所の任意整理の費用である着手金はわずか2万円!

債務整理の中でもっとも利用されているのが任意整理です。債権者と弁護士が直接交渉し、将来的な利息をカット、元金の支払期限を3〜5年延長する方法です。元金は払わなければなりませんが、月々の返済額を減らせることが特徴です。

東京ロータス法律事務所の任意整理にかかる費用は以下の通りです。

 

着手金

報酬金

減額報酬

過払い金報酬

その他

任意整理

20,000円

1件20,000円

10%

回収額の20%

1件につき諸費用5,000円

和解金の支払いを

代行する場合の送金管理手数料1,000円

任意整理の費用実例・支払総額135,000円

Aさんは消費者金融やクレジットカード会社など3社から合計340万円の借金をしました。東京ロータス法律事務所に相談したところ、定期的な収入があるので任意整理を勧められ、減額になった返済額と延びた返済期間によって日々の暮らしがラクになりました。東京ロータス法律事務所に支払った費用は着手金の20,000円、報酬金が3件分で60,000円、利息分減額が400,000円あったのでその10%の40,000円、さらに諸費用3件分の15,000円、合計135,000円です。

東京ロータス法律事務所の借金を大幅に減額できる個人再生にかかる費用!

借金が膨らんでどうしても返済が無理な場合、裁判所を通じて債務額を1/5、または最大9割まで減額できるのが個人再生です。財産が没収される自己破産と違い、住宅ローンを払っている最中の家でも残すことができます。ただし、継続する収入があることや裁判所に再生計画を提出するなどの条件があり、確定するまで2〜3ヶ月の期間が必要となります。

東京ロータス法律事務所の個人再生にかかる費用は以下の通りです。

 

着手金

報酬金

その他

個人再生

300,000円

300,000円

諸費用50,000円

住宅ローン特則有 100,000円                       

 

個人再生の費用実例・支払総額750,000円

Bさんは住宅ローンを抱えていることから生活苦になり、消費者金融などから合計650万円の借金をしました。返済が追いつかないことから東京ロータス法律事務所に相談、定期的な収入があることから個人再生のプランを勧められました。借金は130万円まで減額、さらに支払い期限を4年まで延長してもらいました。東京ロータス法律事務所にかかった費用は着手金と報酬金がそれぞれ300,000円、諸費用の50,000円、さらに住宅ローンの残った家を手放さないための手続き費用として100,000円、合計750,000円です。Bさんは一括で費用を払えないので36回の分割払いにしてもらいました。

東京ロータス法律事務所の財産は没収されるけれど借金が免責になる自己破産にかかる費用!

債務整理で借金を全額免責、つまり0円にするのが自己破産です。債務に対して支払い能力がないと裁判所が判断すれば適用されますが、債務の理由がギャンブルや投資などであった場合は不認可となり、自己破産できません。また生活に必要な最低限の財産以外は没収されます。

東京ロータス法律事務所の自己破産にかかる費用は以下の通りです。

 

着手金

報酬金

その他

自己破産

200,000円

200,000円

諸費用50,000円

管財の場合100,000円〜                       

自己破産の費用実例・支払総額450,000円

Cさんは自営業の運転資金のためにカードローン会社や消費者金融から600万円の借金をしました。しかし自営業は好転せず倒産、Cさん自身も自己破産を考えて東京ロータス法律事務所に相談しました。弁護士が債権者に「受任通知および債権調査へのご協力」をお願いしたことにより、債権者からの取り立てが止まり、また裁判所へ自己破産の申立書類を提出した結果、自己破産が確定しました。東京ロータス法律事務所への支払額は着手金と報酬金がそれぞれ200,000万円、諸費用50,000円、とくに財産の管財はなかったので合計450,000円です。もちろんCさんは一括で支払えないので36回の分割払いにしてもらい、現在はパート勤務の給料から支払っています。

東京ロータス法律事務所の費用がかからない過払い金請求!

2010年以前、消費者金融やカードローン会社はグレーゾーン金利と呼ばれる利息制限法を越えた金利を設定していました。2010年に利息制限法が改正されたことを踏まえ、2010年以前の20%を越えた金利分の返還を求めるのが過払い金請求です。

2010年以降、貸金業者は金利を利息制限法の上限である20%以内にしているので、2010年以降の借金に関しては過払い金が発生していないので請求できません。また完済から10年以上経過していると時効が働き、このケースも請求ができません。

東京ロータス法律事務所の過払い金請求にかかる費用は以下の通りです。

 

着手金

報酬金

過払い金報酬

その他

過払い金請求

0円

0円

回収額の20%

訴訟の場合は回収額の25%                  

過払い金請求の費用実例・支払い総額0円

Dさんは2004年に消費者金融3社から320万円を借り、2014年に完済しました。最近になって過払い金のことを知り、東京ロータス法律事務所に相談したところ、2004年から2010年の改正までに過払い金があったことが判明、弁護士の交渉によって850,000円が返ってきました。着手金も報酬金も0円だったので一切支払っておらず、回収額の20%である170,000円が差し引かれ、手元にが680,000円が残りました。

東京ロータス法律事務所が高い評判を集めている理由のひとつは料金体系が分かりやすく、しかも弁護士事務所としては比較的安いことです。任意整理や個人再生、自己破産などは費用が高くなるものの、分割払いが可能です。1回当たりの支払額や分割回数は弁護士さんと相談して決めましょう。

\無料相談受付中/

借金を解決する!

東京ミネルヴァ法律事務所

 

東京ミネルヴァ法律事務所」は全国対応・相談無料の債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間受付・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


借金を解決する!