司法書士法人みつ葉グループに債務整理を依頼した場合にかかる費用まとめ

債務整理をしたいけれど弁護士に相談するのは気後れする、という人は多くいます。なんとなく敷居が高いし、費用が高いという心配もありますね。

債務処理は弁護士だけでなく司法書士でも受任できます。個人再生や自己破産になると業務の幅に制限が生まれるものの、基本的な流れは同じです。

気になる費用は各司法書士の事務所で異なってきますが、比較的費用の安さと安心の債務整理で高い評価を得ているのが司法書士法人みつ葉グループです。

みつ葉グループに債務整理を依頼した時の費用をケース別に検証したので、利用する際の参考にしてください。

\無料相談受付中/

弁護士の顔画像

借金問題に強いのが「東京ミネルヴァ法律事務所」です。本気で借金から解放されたい方はすぐにシミュレーションしてみましょう!(全国対応相談無料

\まずは無料シミュレーション!/

みつ葉グループの無料相談は全国対応!

みつ葉グループの事務所は北海道から沖縄まで全国に6ヶ所あり、在籍スタッフも100名を超える大手です。またCMやWeb広告などメディアへの露出が多いので、債務整理に関心のある人はみつ葉グループの名前を見たことがあるでしょう。

2012年の開設以来、着実に業績を伸ばして規模を拡大してきた背景には依頼者の信頼に答える業務内容と明確で安い料金体系が上げられます。債務整理に関する相談料を無料にしている事務所は多くありますが、みつ葉グループは日本各地に拠点を持つメリットを活かし、全国対応という特徴を持っています。

【司法書士法人みつ葉グループ】費用について

電話相談の受付は平日の10:00〜19:00に限定されていますが、公式サイトには専用の送信フォームがあり、簡単な質問項目に答えるだけで24時間365日送れるようになっています。

無料電話でもいきなり司法書士が出て相談を受けるということは滅多になく、事務所スタッフが相談内容を確認後、司法書士から折り返し電話がくるというパターンがほとんどです。つまりメール送信でも結果は同じことですね。

電話でいきなり相談するのは不安、という人は送信フォームによるメール相談をおすすめします。

みつ葉グループの過払い金請求は減額報酬が無料!

過払い金請求は完済した借金のうち、多く支払っていた金利分を取り戻すために元債権者へ請求する手続きです。費用は回収額の20%が相場で着手金や報酬金など、その他の費用を必要としないのが一般的です。

みつ葉グループも例外ではありません。ただし、これは完済分に限ってのことで、現在も返済中の場合、多くの司法書士事務所では減額報酬が加わります。

たとえ過払い金があったとしても減額報酬が加わると手元に残る金額が少なくなってしまいますね。みつ葉グループの過払い金請求は成功報酬として回収額の20%しか必要としないことが大きな特徴です。

みつ葉グループの過払い金請求にかかわる費用は以下のようになっています。

 

着手金

報酬金

過払い金報酬

その他

過払い金請求

0円

0円

回収額の20%

完済していない場合の減額報酬も0円

過払い金費用実例・支払い総額0円!

広島在住のAさんは2006年、交遊費欲しさに消費者金融3社から合計270万円を借り、2014年に完済しました。その後、交遊関係が変わったことから借金をする必要はなくなりましたが最近になって過払い金請求のことを知人から聞き、みつ葉グループに相談しました。

幸い、3社から借金した元金がすべて140万円以下だったので受任され、45万円の過払いが判明しました。みつ葉グループには返金された中から9万円を支払っただけで、手元には36万円が残りました。

みつ葉グループの任意整理に必要なのは報酬金だけ!

任意整理は債務者が現在抱えている借金に対して返済が困難になった時、債権者と交渉して将来的な利息を減額またはカットしたり支払期限を延長する手続きです。任意整理も過払い金請求同様に裁判所を介さず当事者同士の交渉となるので弁護士の手続きと変わりありません。

ただし司法書士が債務整理を受任する場合、1社当たりの借金は140万円以下に定められています。したがって1社当たり140万円を超えていなければ5社から総額500万円借りていたとしても司法書士に依頼することができます。

みつ葉グループの任意整理にかかわる費用は以下のようになっています。

 

着手金

報酬金

過払い金報酬

その他

任意整理

0円

50,000円

回収額の20%

なし               

任意整理の費用実例・支払い総額50,000円!

消費者金融2社とカードローン会社1社から借りた総額が230万円になり、返済が困難になったBさんはみつ葉グループに相談しました。理由は弁護士事務所や他の司法書士事務所に比べて手続きの費用が安かったからです。

元金の返済期限が36回まで延びたのでBさんの毎月の返済額は大きく減りました。利息分30万円が減額となりましたが、その分の費用も発生せず、任意整理にかかった費用は50,000円だけです。

みつ葉グループの個人再生は制限があっても費用は安い!

個人再生は借金が1/5または1〜2割まで減額できるメリットを持つ反面、裁判所が介入するので法的書類の提出が多くなります。借金が1社当たり140万円以下であれば司法書士でも受任できますが、裁判所へ出頭する際に同行できない、再建計画をチェックする再生委員への予納金が若干高くなるといった制限があります。

これらのデメリットを無視するのであれば、弁護士へ依頼するより大幅に安い費用で依頼できます。みつ葉グループの場合でも一般的な弁護士事務所の費用より安めに設定されています。

みつ葉グループの個人再生にかかわる費用は以下のようになっています。

 

着手金

報酬金

その他

個人再生

0円

350,000円

住宅ローン特則有 50,000円                       

個人再生の費用実例・支払い総額400,000円!

東京在住のCさんは住宅ローンで家を購入後、両親が病気で倒れたことからカードローン会社や消費者金融から450万円の借金をしました。しかし返済に窮したことからみつ葉グループに相談したところ、住宅がまだオーバーローン状態(家の資産価値よりローン総額の方が高いこと)だったので家を残せる個人再生を勧められました。裁判官との面接はCさんが直接行きましたが、それ以外はすべて司法書士に任せることができ、借金は900,000円まで減額されました。裁判所費用が25,000円ほどかかりましたが、みつ葉グループにかかった費用は400,000円だけで、一括で支払えないので月々40,000円の10回払いにしてもらいました。

弁護士事務所より安いみつ葉グループの自己破産費用!

自己破産は借金に対して債務者の返済メドがまったく立たない場合に限り、裁判所が判断して借金を免責する手続きです。裁判所に申し立てした段階で債権者からの取り立ては止まりますが、概ね生活に必要な最低限の財産以外は没収されます。個人再生同様、裁判所を介するので司法書士の業務は若干制限されますが、費用もその分、安くなります。

みつ葉グループの自己破産にかかわる費用は以下のようになっています。

 

着手金

報酬金

その他

自己破産

0円

300,000円

なし          

自己破産の費用実例・支払い総額300,000円

福岡に住むDさんは勤務先の会社が倒産し、借金が返せる状態ではなくなったことからみつ葉グループに相談、財産もあまりないことから自己破産を決意しました。理由が会社の倒産なので裁判所による面談「審尋」がなく、比較的スムーズに認可されました。みつ葉グループに支払う費用は300,000円ですが、すぐに支払うことはできないので再就職先を見つけてからの30,000円10回払いにしてもらいました。免責後の収入は没収されないので、今はアルバイト先の給料から分割の支払いをしています。

債務整理の案件によっては司法書士の業務に制限はあるものの、みつ葉グループは解決後のアフターフォローまできちんと行っていることが評価につながっているので、安心して債務整理を依頼できます。費用に関しても依頼者の経済状態を考慮し、払える妥当金額を元に分割払いできる柔軟な姿勢を取っています。費用の取り決めは必ず事前に行うので、経済状態を正直に話して払える金額を決めてください。

\無料相談受付中/

借金を解決する!

東京ミネルヴァ法律事務所

 

東京ミネルヴァ法律事務所」は全国対応・相談無料の債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間受付・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


借金を解決する!