任意整理後にお金を借りる「新たな借入」は可能か?

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

弁護士や司法書士を通じて任意整理をした後に、さまざまな事情から生活資金などのお金が必要になる場合があると思います。

実際に任意整理をした後の生活は、お金の面で窮屈な思いをしなければならないことが多々あることから、どうしてもお金を借りたいと思ってしまうことも何度かあるのではないでしょうか?

とはいえ、残念ながら任意整理後の新たな借入は、一定期間が経過しなければすることができません。

現状としては、一定期間が経過しなければ新たな借入はできませんが、場合によって借入ができることがあるという「どっちつかず」なのが本当のところです。この現状を踏まえつつ、本記事では任意整理後の新たな借入における要点をまとめて紹介していきます。

一定期間が経過しなければ新たな借入ができない理由

任意整理後に新たな借入ができない理由は、任意整理をしたことが信用情報機関に登録されてしまうところにあります。

巷では「ブラックリストに載る」という表現がありますが、これは信用情報機関に金融事故歴が登録されることを言い、この履歴は日本国内に3つある信用情報機関の間で共有されることになります。

この共有されている情報は「個人信用情報」と呼ばれ、銀行や消費者金融が顧客から融資の申し込みがあった場合には、必ずその内容を確認し「金融事故歴がないか」「過剰貸付にならないか」などを確認します。

その結果、任意整理も含めて金融事故歴が確認できた場合には、問答無用で融資不可となるのが一般的です。

新たな借入をするための一定期間とは

任意整理後に新たにお金を借入するには、先に解説した信用情報機関の金融事故歴が抹消される必要があります。

この履歴を抹消するためには、自分で何か行動して解決できるものではなく、原則として「5年間が経過」する必要があります。

金融事故歴が抹消されてからは、新たに借入するローンの種類が問われることはなく、住宅ローンや自動車ローンをはじめ、各種ローンを申し込むことができますが、すべての金融機関で必ずしも借入ができるわけではない点に注意が必要です。

たとえば、A銀行から以前お金を借りていて任意整理をしたと仮定します。その後、5年間が経過した後に、またA銀行にお金の借入を申し込んだとしても実際は断られてしまう可能性があることを意味します。これは、「社内ブラック」と呼ばれ、A銀行が同じ失敗を繰り返さないようにするための対策方法です。

昨今では、金融機関をはじめ貸金業者は、フリーローン(お金の使い道が自由なローン)の貸付利息を得るために、5年間が経過する前に新たな貸付を行ったり、社内ブラックとわかっていても貸付を実行するなど増加傾向にあるようです。

もしも、より確実な借入を行いたい場合には、一度も取引をしたことがない金融機関ならば、信用情報機関の履歴がないことで新たな借入が通りやすくなると考えることもできるでしょう。

新たな借入は、さらに生活苦になる可能性が高い

任意整理後に新たな借入をするには、5年間の経過が必要であることがわかりましたが、現実としまして「探せばお金を貸してくれるところがある」のも紛れもない事実です。

ここで冷静に考えなければならないことは、どこもお金を貸してくれないのが普通であるのにも関わらず、お金を貸してくれるのには、何か「罠」が隠れているのではないかということです。

とにかくお金が必要な人にとってみますと金利が高いのは別として、目先の利益に捉われてしまうことが十分予測できます。

とはいえ、お金を貸す側からすれば、このような弱みに付け込んでさらに多くの借金をさせ、利息を回収するのが仕事なわけです。つまり、お金を借りる側は、このような悪徳業者がいることを知っておかなくてはならないことになります。

良心的に見える業者もお金を貸すのが商売なのです。仮に少額の金額を借りてしまったとしても金利が高いため、結果として任意整理前と同じ状況に陥ってしまうことも時間の問題になると予測できます。

新たな借入を行うことは、一時的に軽減されたように錯覚する借金生活が、また始まってしまう原因になってしまい、たとえて言うなれば、ドラッグなどの依存者と変わらない末路をたどることになると言っても過言ではないでしょう。

実際に任意整理や自己破産をした後でまた多額の借金を繰り返す人も大勢おりますが、これは正に「依存症」という病気であることは言うまでもなく明らかです。

まとめ

本記事における要点は以下の通りです。

  • 任意整理後にお金を借りられないのは信用情報機関に履歴が登録されるため
  • 任意整理後の新たな借入には5年経過が必要
  • 5年経過前に貸付する悪徳業者に注意
  • 借金依存症を改善するための対策が重要

任意整理は生活再建するための方法でありますので、重要なことは、新たな借入をしないための生活基盤作りなのではないでしょうか?特に金利の高いフリーローンを利用しない生活基盤を作るだけでも人生が一変できることでしょう。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009