任意整理中(後)のクレジットカード作成

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

現在抱えている借金を整理する任意整理には、貸金業者から借りているお金だけに限らず、クレジットカードを利用して商品やサービスを購入したショッピングの代金やキャッシングをした代金も含めることができます。

この時、任意整理にクレジットカードを利用した各種代金を含めるか、含めないかによって任意整理中や任意整理後のクレジットカードの取り扱いや新規作成の取り扱いが異なります。

本記事では、それぞれの状況とクレジットカード作成との関係について幅広く解説していきます。

任意整理中のクレジットカード作成について

任意整理中に新たなクレジットカードを作成することは、厳密には「かなり難しい」と考えるべきでしょう。

この理由は、信用情報機関が管理している個人信用情報に任意整理を行った履歴が登録されていると思われるためです。

これをいわゆる「ブラックリストに載る」と言いますが、ブラックリストに載った場合、一定期間が経過するまで、新たにクレジットカードを作成するのは難しくなります。

仮に弁護士等の専門家へ任意整理を依頼している途中において、独断で新たなクレジットカードを作成することも、実際可能ですが、これは専門家との任意整理の契約における明らかな違反であり、契約解除の大きな要因となります。

任意整理後のクレジットカード作成について

任意整理がすべて完了した後に新たなクレジットカードを作成することは、完全に個人信用情報に金融事故歴が登録されている状態になりますので、まずもって新規作成は難しいと考えられます。

ただし、任意整理の場合におきましては、信用情報機関へ金融事故歴の残る期間が「5年間」とされておりますので、どうしてもクレジットカードを作る必要がある場合には、申込前に自分の信用情報を取り寄せて確認してみるのが確実でしょう。

中には、個人信用情報に金融事故歴があったとしてもクレジットカードが作れる事例も多々ありますので、だめもとで申し込む方法もあります。

クレジットカードを「作る」のと「使う」のは別

任意整理において、すでに所持しているクレジットカードでショッピングやキャッシングで利用したものを含めない場合、結果としてその所持しているクレジットカードは、引き続き利用することができます。

つまり、任意整理後にクレジットカードを新たに「作る」場合と、現在所持しているクレジットカードを引き続き「使う」ことは別の問題となります。

したがいまして、どうしてもクレジットカードを手元に残しておきたいと考えている場合は、クレジットカード会社の債務だけ任意整理に含めなければよいことになります。

このようにすることで、新たにクレジットカードを作るという問題にもなりませんし、審査に落ちてクレジットカードが作れなかったという心配もありません。

そもそもクレジットカードはなぜ必要なのか?

どのような理由であれ任意整理をするということは、お金の自己管理ができていなかった表れであることは言うまでもありません。

クレジットカードは、お金の自己管理がしっかりできる人にとっては、非常に便利なカードである反面、任意整理をするようなお金の自己管理ができていない人にとってみますと、また借金を重ねてしまう大きなきっかけになりかねません。

このように考えた時、そもそもクレジットカードはなぜ必要なのか、本当に必要なのかを自問自答する必要があるのではないでしょうか?

たとえば、配偶者がクレジットカードを持っているのでしたら、自分は持たなくともよいといった考えを持つことはできないでしょうか?何かどうしても必要な物を購入する時は、いったん立て替え払いをしてもらって後から代金を支払う形式を取ることはできないでしょうか?

などなど、工夫次第でクレジットカードは必ずしも必要なものではないと思います。現状としましては、配偶者名義のクレジットカード決済が認められている場合が多々あり、必ずしも本人名義のクレジットカードでなければ決済が不可といったものは、一昔前よりも減ってきているように思えます。

任意整理は、借金を整理して新たな出発をする機会であることを踏まえますと、クレジットカードの所持についても、いま一度見直してみる価値はあるのではないでしょうか?

まとめ

本記事では、任意整理中や任意整理後のクレジットカードとの関係について解説しました。改めて要点を以下にまとめて紹介していきます。

  • 任意整理中のクレジットカード作成は、基本的には難しい
  • 任意整理後のクレジットカード作成は、5年経過までは難しい
  • 任意整理に持っているクレジットカード会社を含めなければ引き続き利用可能
  • 改めてクレジットカードの必要性を考えてみる(不必要なら持たない)

クレジットカードは、ショッピングもキャッシングもできる便利なカードです。任意整理から5年が経過して個人信用情報が回復するまでの期間においてクレジットカードや借り入れに依存しない生活環境を整えておきたいものです。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009