奨学金が返せない!任意整理すると保証人はどうなる?

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

近年、奨学金の返済ができなくなるケースが増えています。奨学金とは、大学や専門学校などに入学したり、通学する際に、その学費などに充てるために支給を受けるお金です。

奨学金が返せない場合に放置していると、どのような問題があるのでしょうか?また、任意整理などの債務整理によって解決することができるかも知っておく必要があります。

奨学金を借りる際には、親などに保証人になってもらっていることが多いですが、奨学金を任意整理すると、親に請求されて任意整理がバレてしまう可能性があるのかも心配になります。

そこで今回は、奨学金の返済ができない場合の対処方法と、任意整理した場合に親などの保証人がどうなるのかについて、解説します。

奨学金の種類

大学や専門学校などに進学する場合には、奨学金を利用することが多いです。

最近では高校生でも奨学金を利用するケースも増えています。奨学金を利用すると、進学のための入学金や学費、下宿している場合の生活費用などに使えるので大変助かりますが、奨学金を利用すると、後日返済が必要になるケースがあります。

奨学金には、返還が不要な「給付タイプ」と返還が必要な「貸与タイプ」があります。奨学金が返済できないという場合には、上記のうち貸与タイプが問題になっています。

また、貸与タイプの奨学金にも2種類があります。それは、「有利子タイプ」と「無利子タイプ」です。無利子タイプなら、奨学金の返済中などに利息がかさむことはありませんが、有利子タイプの場合には、奨学金の返済中に利息の支払いの必要もあります。

また、奨学金制度を運営している団体もさまざまです。代表的なものが日本学生支援機構の育英奨学金ですが、他にも大小いろいろな団体があります。

奨学金を返済出来ないケースが増えている!

奨学金の中でも、貸与タイプの場合には、学校卒業後に返済が必要になります。特に有利子タイプの奨学金を利用した場合には、返済がかなりの負担になることがあります。

また、高校や大学などに進学するために、複数の奨学金を利用する事もありますが、そのような場合には、卒業後一気に複数の奨学金の返済が必要になり、多額の返済が必要になります。

さらに、近年の不景気などによって、思うように就職先が見つからず、収入が得られない若者が増えています。このように、奨学金を返済出来ない人が多く生み出されていることが、大きな社会問題になっています。

実際に、大学を卒業すると同時に何百万円もの奨学金の負債を負っていて、将来に希望を持つことができない若者が増えているのです。

奨学金を返済せずに放置するとどうなる?

奨学金を返済出来ない若者が増えていますが、返済出来ないからといって、奨学金を返済しないで放置すると、どうなってしまうのでしょうか?以下で、具体的に説明します。

内容証明郵便で催告状が届く

奨学金の返済は、毎月の分割払いなどになっていることが多いです。この支払いを遅延すると、奨学金の実施団体から奨学金の支払い請求書が届きます。

この場合、奨学金の残金の一括請求をされることが普通です。通知書は、内容証明郵便という種類の郵便で送られてくることが多く、「~までに支払いをしないと裁判をします。」などと書かれていることもよくあります。

また、奨学金の実施団体によっては、奨学金の長期滞納があると、奨学金債権を債権回収会社に債権譲渡してしまうところもあります。すると、債権回収会社から、厳しい取り立てを受ける事になります。

また、奨学金の返済を長期滞納すると、個人信用情報に事故情報が記録されて、ローンやクレジットカードの利用ができなくなります。返済を滞納したことによって、個人信用情報に延滞履歴がついてしまい、銀行や貸金業者、信販会社などのローンやクレジットの審査に通らなくなってしまうからです。

このように、奨学金の返済を滞納すると、いろいろな不利益を受ける事になります。

実際に裁判をされる

奨学金返済を滞納すると、奨学金実施団体から一括請求通知などが届きますが、これを無視しているとどうなるのでしょうか?

この場合、奨学金実施団体から、本当に裁判を起こされてしまうケースがあります。たとえば代表的な奨学金実施団体である日本学生支援機構でも、数多くの奨学金返還請求訴訟(裁判)を起こしています。具体的には、年間6千件もの裁判を起こしていると言われています(2013年の情報)。

奨学金返還訴訟では、奨学金の残金の一括請求と遅延損害金を請求されてしまいます。遅延損害金とは、借金の返済を遅延したことによる損害金です。通常利子よりも高い利子が加算されることが普通です。

そして、裁判が起こると、いずれ裁判所で判決が出ます。この場合の判決内容は、通常奨学金実施団体が求める奨学金の支払い請求を認める内容になります。

つまり、借り入れた債務者に対して、裁判所から奨学金残金全額の支払い命令が出てしまうということです。このような多額の支払いは困難なことが多いですが、債務者が支払いをできない場合には、奨学金実施団体が債務者の財産を差し押さえてしまうことになります。

このとき差し押さえの対象になる財産は、預貯金や生命保険、不動産や株券など、あらゆる債務者名義のものです。債務者が会社で受け取る給料も、差押の対象になってしまいます。

このように、財産を差し押さえられてしまう状態になると、債務者はまともに生活をすることすら困難になってしまいます。

奨学金は任意整理できるのか?

奨学金を返済出来ないケースは上記のとおり、とても多いですが、かといって放置していると大変なことになってしまいます。奨学金が返済出来ない場合には、奨学金実施団体から強制的な法的措置をとられる前に、適切な対処方法をとる必要があります。

その方法としては、任意整理などの債務整理手続きがあります。そこで、以下では、奨学金を任意整理できるのかどうかを見てみましょう。

任意整理とは

任意整理とは、借金を整理するための債務整理手続きの1種です。任意整理では、債権者と直接話し合って、借金の返済額と返済方法を決め直す手続きです。

任意整理をする場合には、債権者との合意後の将来利息をカットしてもらうことなどによって、借金の総返済額を減額してもらいます。

また、返済期間を延ばすことによって、月々の返済金額も減らすことができます。このように、借金返済金額を減らしたり、返済期間を延ばすことによって、苦しい借金返済を完済まで何とか継続していくことができるようになるのです。

たとえば、消費者金融やクレジットカード会社などを相手にして、よく任意整理が利用されます。

任意整理できるケースとできないケース

奨学金の返済ができない場合にも、任意整理を利用することはできるのでしょうか?この問題については、できるケースとできないケースがあります。

任意整理は、上記のとおり、直接債権者と話し合う手続きです。よって、債権者に話し合いを強制することはできません。また、話し合いの内容も押しつけることはできません。あくまで債権者が「任意」で話し合いに応じて納得することが必要になるのです。

ところが、奨学金実施団体によっては、任意整理の話し合いにほとんど応じない団体があります。たとえば代表的な奨学金実施団体である日本学生支援機構も、ほとんど任意整理の話し合いに応じてくれないことが多いです。将来利息のカットにも応じませんし、返済期間の延長を打診しても応じてくれないことがほとんどです。

このように、奨学金実施団体が任意整理の話し合いに応じない場合には、奨学金を任意整理することはできないので注意が必要です。

奨学金を任意整理すると保証人はどうなる?

奨学金を任意整理しようとする場合、債権者の態度とは別に、もう一つ問題があります。それは、奨学金を借りる際には親などが「連帯保証人」になっていることが多いことです。奨学金に連帯保証人がいる場合に奨学金を任意整理すると、連帯保証人はどうなってしまうのでしょうか?以下で確認しましょう。

保証人である親に請求される

連帯保証人とは、主債務者が借金返済をしない場合にそなえて、主債務者の代わりに借金返済をしないといけない人のことです。よって、奨学金の場合にも、借り入れた本人が返済しないのであれば、連帯保証人である親が代わりに返済しなければなりません。

よって、奨学金を任意整理すると、奨学金実施団体から親などの連帯保証人に奨学金の返済請求をされてしまいます。

この場合、親に対してり奨学金残金の一括請求がされてしまうことになるので、親には多大な迷惑をかけることになります。

保証人である親にバレる

奨学金を任意整理すると、親などの連帯保証人に返済請求されてしまいます。このことによって、奨学金を滞納していることや、任意整理したことなどが親にバレてしまいます。奨学金を返済出来ない状態になっていることは、通常親には秘密にしていることが多いです。

よって、奨学金を任意整理して親に通知されることにより、親にバレてしまうことは、債務者にとっては大変な不利益になります。

奨学金がある場合の任意整理の方法

奨学金を任意整理すると、親などの連帯保証人に請求されてしまうので、大変不都合です。また、奨学金実施団体によっては任意整理の話し合いに応じてもらえないケースもあります。このような場合、どうやって解決したらいいのでしょうか?

この場合には、奨学金以外の借金を任意整理する方法がおすすめです。通常、奨学金などの借金を滞納しているケースは、奨学金だけではなく他の消費者金融などの借金も併用してかさんでいることが多いです。

よって、奨学金以外の借金を任意整理で整理してしまえば、全体としての借金額が抑えられて、奨学金の返済も継続していけるようになります。

個人再生や自己破産ならどうなるか?

奨学金の返済ができない場合、個人再生自己破産を利用することはできないのでしょうか?

任意整理で他の借金だけを減額しても、残った借金を返済仕切れない場合には、個人再生で大きく借金を減額してもらったり、自己破産で借金返済義務を0にしてもらわないと解決できないケースがあります。

この点、まず、奨学金を個人再生や自己破産の対象にすることはできます。よって、個人再生で奨学金返済義務を5分の1など大幅に縮小してもらったり、自己破産によって奨学金返済義務を0にしてもらうことも可能です。

しかし、個人再生や自己破産をする場合には、奨学金を外して他の借金だけを減額したり無くしてもらうということはできません。これらの手続きでは、すべての債権者を平等に扱わなければならないという「債権者平等の原則」が働くからです。

一部の債権者だけを対象にしたり、一部の債権者だけを外すということは認められません。よって、個人再生や自己破産では、必ず奨学金も対象となるので、奨学金実施団体は当然連帯保証人に請求をすることになります。

奨学金がある場合に個人再生や自己破産をすると、必ず連帯保証人である親に迷惑をかけることになりますし、親に奨学金滞納を秘密にしておくことはできなくなるので、注意が必要です。

奨学金がある場合にこれらの手続きを利用する際には、手続きを開始する前に、事前にしっかり親などの連帯保証人と話し合って、その後の対処法などについて検討しておく必要があります。

まとめ

奨学金は、大学や専門学校などに進学する際に支給を受けるお金のことです。各種の団体が奨学金を実施しており、代表的な奨学金実施団体に日本学生支援機構があります。奨学金には給付タイプと貸与タイプがあり、貸与タイプの中にも無利子タイプと有利子タイプがあります。

近年、奨学金の返済ができない若者が増えて、社会問題化しています。奨学金を返済出来ないと、奨学金実施団体から奨学金返済の督促状が届いて、実際に奨学金返済請求の裁判をされてしまうこともあります。すると、債務者の財産が差し押さえられてしまいます。

また、奨学金を長期滞納することにより、ブラックリスト状態になってローンやクレジット利用ができなくなります。

奨学金を返済できない場合には任意整理を利用する方法があります。ただ、奨学金実施団体によっては任意整理の話し合いに応じないところがありますし、奨学金を任意整理すると、親などの連帯保証人に請求されてしまうので、親に奨学金の滞納がバレてしまいます。

奨学金を返済出来ないなら、まずは奨学金以外の借金を任意整理する方法がおすすめです。それでも解決できないなら、個人再生や自己破産を利用します。

個人再生や自己破産では、奨学金を外して手続きすることができないので、必ず親などの連帯保証人に迷惑をかけます。よって、これらの手続きを利用するなら、必ず事前に親と話し合っておきましょう。

今回の記事を参考にして、賢く奨学金の返済問題を解決しましょう。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009