カードローンのおまとめローンか債務整理、どちらがよいか比較!

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

カードローンの借金を背負ってしまった場合、借入先が少ないうちは良いですが、借金の数が増えてくるとだんだんと支払いが苦しくなります。

カードローン借金がかさんで返済ができなくなってしまったら、おまとめローンや債務整理によって解決する方法がありますが、どちらの方法を選択すべきか迷ってしまうことが多いです。

そこで今回は、カードローン借金がかさんだ場合、おまとめローンと債務整理のどちらが良いのかについて、両者を比較して検討してみましょう。

おまとめローンとは

おまとめローンと債務整理を比較する前提として、まずはおまとめローンとはどのようなものか、簡単に確認しておきましょう。

おまとめローンとは、複数の借金がある場合に、新しく大口の借金をして、その借入金によって以前の借金をすべて完済し、以後は新しい大口の借金1本にしぼって返済をしていく方法のことです。

おまとめローンサービスは、銀行等が実施していることが多いです。おまとめローンを利用すると、借金が一本化できるので、借金の管理がしやすくなりますし、返済が楽になることもあるので、借金問題の解決方法として利用されます。

債務整理とは

債務整理とは、借金を整理するための法的な手続きのことです。任意整理特定調停個人再生自己破産の4種類があり、個々の債務者の状況に応じて適切な手続きを選択すれば、たいていの借金問題を解決することができます。

おまとめローンのメリット

次に、おまとめローンと債務整理を比較してみましょう。

まずは、おまとめローンのメリットを確認します。

おまとめローンを利用すると、以前の借り入れ先よりも利率が低くなることがあります。また、おまとめローンの返済期間は長期間になることが多いので、その分月々の返済額が減ることにつながります。

このように、利率が下がって返済期間が延びることにより、全体としての借金返済が楽になり、膨らみすぎた借金返済を継続していけるようになることがあります。

また、おまとめローンを利用しても、ブラックリスト状態になる事はありません。

おまとめローンを利用する場合、以前の借入先には全額一括返済出来ますし、新しい借入先に対して順調に返済している限り、ブラックリスト状態にならずローンやクレジットカードを利用できなくなるおそれがないので、この点でもメリットがあります。

おまとめローンのデメリット

次に、おまとめローンのデメリットを見てみましょう。

おまとめローンを利用する場合、必ずしも以前より利率が低くなるとは限りません。以前のカードローン利率が低かった場合には、むしろ利息が高くなることもあります。

さらに、支払期間が延びることによって利息支払い額が増え、総支払い額は以前より増えてしまうケースもあります。

また、おまとめローンの借入限度額は、以前の借入先よりも大きくなることが多いので、借金を増やしてしまうこともあります。

おまとめローンによって以前の借金を完済すると、以前の借り入れ先の枠が空いてしまうため、再度借金をしてしまい、結局はおまとめローンと以前の借入先の両方から借入がかさんで、借金が倍増してしまうこともあります。

結局、おまとめローンは借金の借り換えにすぎず、借金問題を根本的に解決することはできない点が、大きなデメリットと言えます。

債務整理のメリット

次に、おまとめローンと比較しながら債務整理のメリットを見てみましょう。

債務整理をすると、おまとめローンを利用する場合よりも、直接的かつ効果的に借金問題を解決出来ます。

任意整理なら将来利息をカットして借金の返済額を減らして支払いを楽にすることができますし、個人再生なら借金返済額を元本ごと大きく減額することができます。

自己破産をすると、借金返済義務が完全になくなるので(税金や健康保険料などの支払いは残ります)、まさしく0からの再スタートが可能になります。

債務整理をした場合、ほとんど確実に利息の支払いはなくなります。また、債務整理をしたことによって、かえって借金が増えると言うことはあり得ません。債務整理をした場合の借金の減額率は、おまとめローンを利用した場合とは比較にならないほど大きいです。

このように、債務整理は、借金問題を根本的に解決出来る点が、おまとめローンと大きく異なり、多大なメリットとなります。

債務整理のデメリット

次に、おまとめローンと比較した債務整理のデメリットを見てみましょう。

債務整理の大きなデメリットは、債務整理手続きをするとブラックリスト状態になってしまうことです。

債務整理をすると、信用情報機関が保管している個人信用情報に事故情報が登録されてしまうので、その後どのような貸金業者や金融機関にローンやカードを申し込んでも、審査に通らなくなってしまいます。

債務整理によってブラックリスト状態になる期間は、手続きによっても異なりますが、だいたい手続き後5年~10年程度です。

債務整理をすると、その後5年~10年の間は、ローンやカードが利用できない不便な生活をしないといけません。このようなことは、おまとめローンにはない債務整理のデメリットであると言えます。

借金問題解決のためには債務整理の方が効果的!

結局、おまとめローンを利用しても借金問題を根本的には解決できず、むしろ借金が増えてしまうおそれもあります。これに対し、債務整理をすると、借金を確実に減免してもらえて問題を解決できます。

このようなことからすると、たとえブラックリスト状態になっても債務整理の方がメリットが大きいと言えます。

まとめ

今回は、カードローンのおまとめローンと債務整理のどちらが良いのかを比較しました。借金問題を根本的に解決出来る分、債務整理をする方がメリットが大きく、おすすめです。

債務整理をするとブラックリスト状態になりますが、そのようなことよりも借金問題の解決を優先すべきです。カードローンがかさんだら、おまとめローンを利用するよりも、早めに弁護士に相談をして債務整理をしましょう。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009