債務整理でCICに登録される期間と確認方法

監修者

元弁護士ライター 福谷 陽子

「CIC(株式会社シーアイシー)」は、主に信販会社やクレジットカード会社、消費者金融などが加盟する個人信用情報機関です。

「JICC(日本信用情報機構)」と合わせて、どちらにも加盟する会社が多いほか、銀行でも加盟しているところがあります。

クレジットカードや信販会社のローン、消費者金融などで債務整理を行なうと、多くの場合はCICに事故情報が記録されます。その情報が消えるまでは、新たにローンやクレジットカードなどを利用することができません。

CICではどれぐらいの期間、事故情報が記録されるのか、また自分の信用情報はどのように確認すればいいのか、などについてくわしくご紹介します。

弁護士の顔画像

借金問題に強いサンク総合法律事務所の樋口です。本気で借金から解放されたい方はすぐに こちらからご連絡ください!(全国対応相談無料)今ならまだ間に合うかもしれません。

いくら借金が減るのかすぐに知りたい方は匿名可能・4つの質問だけのこちらから

CICに債務整理の情報が記録される期間

CICは、「割賦販売法」と「貸金業法」にもとづく指定信用情報機関です。各種ローンやクレジットカードを取り扱う多くの会社、および一部の銀行が加盟しています。

CICの債務整理に関する情報の保有期間は、「契約期間中および契約終了後5年以内」です。5年のカウントがいつから始まるのかが問題ですが、契約終了後のほうをとるなら「完済後5年」と考えられます。

つまり、任意整理・特定調停・個人再生の場合は、減額された債務をすべて返済し終わった時点から5年間、記録が残るということです。

一方、自己破産では返済不要のため、免責が下りた時点から5年が目安となります。

このように、CICでは行なった債務整理の種類にかかわらず、契約終了後5年を超えてブラック情報が残り続けることはありません。

「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」では、個人再生と自己破産の情報は最長10年間残るため、これと比べると、短い年数でブラック明けできることになります。

CICの債務整理情報を確認する方法

債務整理をした人でも、信用情報機関のデータベースから事故情報が消えれば、再びローンやクレジットカードなどを利用できる可能性があります。

しかし、「そろそろ5年たったから大丈夫かな」と、いきなり申し込むことはあまりおすすめできません。まだ事故情報が消えていなかった場合、ほぼ確実に審査落ちしてしまいますし、その情報がまた6ヶ月間CICに記録されるからです。

なるべく審査落ちのリスクを回避するためにも、まずはCICに信用情報の開示請求を行なうことをおすすめします。

CICでは、以下の3つの方法で自分の信用情報を確認することが可能です。

インターネット開示

パソコンまたはスマホから手続きできる方法です。受付時間は毎日8:00~21:45までとなっています。

ウェブ上で開示されるため、どこでもすぐに開示報告書をチェックできて、非常に便利なのですが、手数料(1,000円)の支払いが必要で、支払い方法は、クレジットカード、またはJCBとイオン銀行のデビットカードに限られている点に注意が必要です。

もう一つ気を付けたいのが、債務整理を行なった会社で登録していた電話番号からの発信が必要なことです。もし電話番号が当時と変わっている場合は、ほかの方法を選びましょう。

手続き方法は、パソコン・スマホともに、まずはクレジット会社などに登録済みの電話から、発信者番号を通知した上で0570-021-717にかけ、受付番号を取得します。

それから1時間以内に、CICのサイト上で必要情報を入力すると、すぐにその場で開示報告書が表示されます。

受付番号の取得から1時間を超えた場合は、再度の番号取得が必要です。

くわしい情報は、CICのサイトから確認できます。→CIC「パソコンで開示」「スマートフォンで開示」

郵送開示

CICに必要書類を郵便で送り、開示報告書も郵便で受け取る方法です。

申込書・本人確認書類・ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書(1,000円)を同封してCICに送ると、10日ほどで開示報告書が届きます。

注意点は、本人確認書類が2点必要なことです。運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証、年金通帳など、いくつかの指定された本人確認書類の中から2点を用意し、コピーしたものを送ります(住民票や戸籍謄本などは原本が必要です)。また、いずれも有効期限内のものに限ります。

申込書は、CICのサイトからダウンロードして印刷するか、もしくは電話で取り寄せも可能です。

本人確認書類として使用できるものや、送付先の住所などについては、CICのサイトでご確認ください。→CIC「郵送で開示」

窓口開示

CICの開示窓口へ直接行って、開示請求をする方法です。窓口は、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡にあります。

受付時間は、平日の10:00~12:00および13:00~16:00で、必要なものは、現金500円と本人確認書類です。

本人確認書類は、運転免許証・運転経歴証明書・マイナンバーカード・パスポート・写真付住民基本台帳カード・写真付各種障がい者手帳・在留カードまたは特別永住者証明書のいずれかであれば1点でOKですが、健康保険証・年金手帳・戸籍謄本・戸籍抄本・印鑑登録証明書などは2点必要となっています。

また、上記は本人が手続きに行く際の必要書類で、代理人が行く際は委任状などの別の書類が必要です。

必要書類をそろえて窓口へ行き、タッチパネル端末機で入力操作を行なうと、その場で開示報告書を手にすることができます。

本人確認書類や、窓口の所在地などのくわしい情報は、CICのサイトでご確認ください。→CIC「窓口で開示」

まとめ

個人信用情報機関の一つ、CICにおける債務整理の情報の登録期間や、自分の信用情報を確認するための方法についてご紹介しました。

CICは多くの信販会社やクレジットカード会社、消費者金融などが加盟していますので、過去に債務整理を行なったことのある人は、高い確率でCICに事故情報が登録されています。

債務整理で減額された借金を返済し終わってから、もしくは自己破産で免責が下りてから5年以上経っている場合は、新たにローンやクレジットカードに申し込む前に、まずはCICに開示請求を行なって、ブラック情報が消えているかどうかを確認してみてください。

また、債務整理を行なった会社がJICCやKSCにも加盟している場合は、そちらのほうでも開示請求することをおすすめします。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

借金減額シミュレーター

【司法書士法人みつ葉グループ】氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」で4つの質問に答えるだけで目安の借金減額幅がわかる便利なサービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


減額診断してみる

全国対応!債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間受付・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009