債務整理に強い弁護士の4つの選び方!

profile_img-4

執筆者

佐藤元宣FP事務所

FP 佐藤 元宣

消費者金融や信販会社といった、いわゆる貸金業者から長い間お金を借りている人は、いつまで経っても完済できない借金に後悔している人も多いと思います。

この問題は、弁護士などの専門家に債務整理を相談、依頼することで解決できますが、では弁護士であれば誰でも債務整理の相談をしてもよいのでしょうか?これは絶対にNGです。

たとえば、医者のように専門性があるように弁護士にも専門性があります。なじみ深いものとして「民事事件」と「刑事事件」がありますが、これを聞くとなんとなくイメージがわく人もおられるのではないでしょうか?

本記事では、債務整理に強い弁護士の選び方を4つに分けて解説していきます。

弁護士の選び方で大半が決まる

どのような物事でも依頼する会社や人によって、その結果は大きく異なるものです。債務整理を依頼する弁護士もまさにこの法則にぴったりと当てはまると考えますが、はたしてどのように選ぶのが良いものなのでしょう?

依頼される立場の弁護士も同じ人でありますから、依頼者からの相談や依頼に必ずしも応じるとは限りません。

たとえば「依頼者の印象が悪くて不利益を被りそうだ」とか「何となく信用できそうにない」などが挙げられますが、これは一般的によくある事柄であり、弁護士と依頼者、お互いの信頼関係が構築されていなければ成り立たないものです。

このように考えた時、弁護士と依頼者がお互いに安心できる方法としてまずは「親族や知人に弁護士がいること」が挙げられるでしょう。

面識があってどのような人なのかわかることは、安心して任せることもできますし、わからないことや疑問点については、コミュニケーションが円滑に進むことから早急に問題解決できることにつながると考えられます。

仮に親族や知人に弁護士がいない場合は、知人に弁護士を紹介してもらったり、弁護士会や法テラスへ相談してみたり、市区町村の無料相談を活用してみたりなどさまざまな方法があります。

自分に合いそうな相談方法を見つけて相談することが望ましいと考えますが、これらの中でも弁護士会へ問い合わせるのを優先的に行うのが良いと考えます。

この理由は、債務整理に強い弁護士を弁護士会はきちんと把握しているからです。弁護士になるためには、司法試験に合格し研修等を経て弁護士会へ登録する必要があるため、すべての弁護士は各都道府県の弁護士会へ在籍しています。

そして、弁護士会では個々の弁護士についてのキャリアや得意分野について、それ相応に把握していることが考えられます。知り合いを通じて弁護士を紹介してもらう方法もありますが、この時、知り合いが弁護士と接点を持っていることが選択決定する上でやはり望ましいといえます。

顔見知りであったり、うわさで聞いたなどの場合は自己責任において弁護士を選ぶべきでしょう。また、市区町村の無料相談は、あらかじめ予約をすることで誰でも相談を受けることが可能ですが、相談時間が短いだけでなく、そもそも債務整理に強い弁護士が相談に応じてくれるとは限りません。

なぜなら、市区町村の相談業務は弁護士へ委託していることが多いためです。さらに付け加えるならば「担当」といったいわゆる弁護士の相談順が決まっていることもあるため、万が一、債務整理が不得意な弁護士にあたってしまった場合、知りたかった明確な回答が聞けないことや大きなトラブルになったりすることも実は少なからずあるのです。

このようなことから、いかに弁護士の選び方が重要なのかがわかります。

紹介してくれる人は「信頼」できるか

これから解説することは、ほとんどの人が問題ないと考えますが、債務整理を依頼する弁護士を紹介してもらう時、紹介してくれる人が「信頼」できるか再確認する必要があります。

前項で解説しましたように、親族や知人に弁護士がいる場合や直接弁護士会へ問い合わせた場合などであれば問題ありませんが、中には弁護士への「あっせん手数料を着服する人」もいます。

いわゆるブローカーや事件屋といった社会的身分がしっかりとしていない人からの紹介は絶対に避けるようにしなければなりません。

相談弁護士の専門性が一致しているか

仮に債務整理の依頼について信頼できる人から紹介してもらった弁護士だったとしても、専門性が一致していなければ依頼を避けるべきでしょう。

たとえば、元は検事で弁護士になった人であれば「刑事事件」が得意だと考えられます。一方、長いキャリアで「民事事件」ばかり手がけている弁護士もおり、この場合だと「民事事件」が得意だと判断することができます。

債務整理は「民事」に属しますが、単に民事といっても「商業取引」「不動産」「交通事故」など、いわゆる「分野」がさらに細かく分類されます。つまり債務整理を依頼するのであれば「債務整理の分野が得意な弁護士」を選ぶことが重要です。

債務整理が強い弁護士に必要な4つの選び方

前項では弁護士の選び方について解説しましたが、本項では「債務整理に強い弁護士」とはどのような弁護士なのかについて以下、4つの項目にわけて解説していきます。

債務整理が無事解決するまでには、長い期間を要する可能性があることを踏まえますと「債務整理に強い弁護士を選ぶ」ことはいかに重要なことなのかについて、何度も依頼弁護士とやり取りするイメージを思い描きながら読み進めていただきたいと考えます。

1.そもそも債務整理が得意なのか

こちらにつきましては「1-2. 相談弁護士の専門性が一致しているか」で解説した通りです。

ホームページのプロフィールや経歴などで債務整理が得意なのか不得意なのかについて判断することが可能です。債務整理の相談実績まで掲載されていれば尚のこと良いと考えます。

昨今、経歴詐称などで世間を騒がせているニュースもありましたが、こちらが気になる場合は、弁護士会のホームページなどで間違いなく所属しているかなどについて確認してみることをおすすめします。

2.経験は豊富なのか

債務整理の実務経験が豊富な弁護士が一概に良いとは言い切れない部分もありますが、場数や年数を経験している方が安心感はあると考えます。

弁護士という職業柄もしかしたら強烈なPRはないのかもしれませんが、仕事に対する「情熱」や「考え方」は重要視するべきだと考えます。これは、後述する弁護士の人柄やモラルでもあり、経験にも勝る信頼や信用に結び付くと考えられます。

3.人柄は良いのか

債務整理を依頼する弁護士の人柄は絶対に重要です。相談している中で弁護士がどのような人柄なのか、肌で感じることができると考えますが、当然、誠実かつ親身になって依頼に取り組んでくれる人でなければ良い弁護士とは言えません。

お金儲けなのか、相談者の将来を案じて取り組んでいるのかの区別は、普段の態度や話し方などで直感的にわかるものです。最初の相談で見極めなければならない欠点がありますが、後述する「相性」で検討してみるのも1つの方法です。

4.相性は良さそうか

人には相性があり、話していて「何かこの人あまり好きではないな」「うまく説明できないけれども何かひっかかるな」などと感じたことが一度や二度あると思います。

たとえば、常に上から目線っぽい言い方をするとか、相談者という名の顧客であるのにも関わらず、言葉使いについて不適切(ため口など)が該当します。

信頼関係は、相性が良くなければ確立するのは難しいと考えられることから、最初の相談で疑問を感じたら素直に自分の意思に従うのも良いと考えます。

ただし、依頼した弁護士を途中で変えることはできるものの、無駄な時間や費用、労力を費やしてしまうことになるため債務整理の解決が結果として先延ばしになってしまう点には注意が必要です。やはり、何事も第一印象が大切なのかもしれません。

弁護士へ依頼する場合の5つの最低限ルールとは

弁護士へ何かを依頼するということは、人生においてそう多くはないはずです。社会的地位が高い弁護士だからといって依頼の仕方に明確なルールがあるわけではありませんが、本項では「弁護士へ依頼する場合の5つの最低限ルール」を紹介していきます。

1.債務整理に必要な書類はなるべく全部持参する

債務整理を弁護士に依頼する際において、現在どのような状況になっているのかといった情報が必ず必要になります。

たとえば、債務整理に必要な契約書やATM伝票、貸金業者のキャッシュカードなど、どのような小さなものでも提出し忘れのないように準備しておくべきでしょう。自己判断で書類の提出について良し悪しを付けることは現に慎みましょう。

この理由は法律上、実はとても重要な書類であったといったことを避けるためでもあります。

2.虚偽は厳禁!ありのままを伝える

債務整理を弁護士に依頼する上で「虚偽は絶対に厳禁」です。

たとえば、借入している貸金業者が5社あるのにもかかわらず、4社であることを告げたり、闇金融業者からもお金を借りているのにもかかわらず、その事実を隠したりなど、お互いの信頼関係で解決していかなければならないことだからこそ、質問には正しく答えるのと同時に弁護士の依頼には協力的になることが重要です。

弁護士には「守秘義務」といって依頼者の秘密を守らなければならない義務が課せられている他、正しいことを知っていないと問題解決のための適切な対応を取ることもできません。

債務整理の目的は何なのかをしっかりと自覚した上で、早期解決ができるために自分は今、何ができるのかまで考えられるような気持ちを合わせて持っておきたいものです。

3.必要な費用を出し惜しみしないこと

弁護士によって違いはあるものの、債務整理を依頼する際に必要な「着手金」「報酬金」「弁護士報酬」などの費用は、決して値切ったり、出し惜しみしたりしないようにしましょう。債務整理を成功に導いてもらうことで、新たな人生が始まることになるわけですから、依頼弁護士はいわば「救世主」です。

また、弁護士にも事務所を経営するための経費や生活するためのお金が必要なことを踏まえますと、債務整理の依頼は、信頼関係の下で成り立っているだけでなく相互扶助の関係であると考えることもできます。

依頼弁護士に対する「敬意」を持つことを決して忘れてはなりません。それが、債務整理を早期解決に導くことにも繋がってくるのです。

(参考)

4.プロに託すといった心構えが必要

今、この記事を読んでいる人はここまで債務整理におけるさまざまな情報を得ていると思います。そして、他の記事を読むことでもっとたくさんの有益な情報を知ることができるに違いありません。しかしながら、実際の債務整理手続きを行うのは、信頼し依頼した弁護士になります。

当然、専門家でありプロフェッショナルでありますから公開されている情報だけでなく、知識や経験を駆使して債務整理手続きをしてくれることになります。

ちょっとした質問や疑問について問いかけるくらいであれば大丈夫だと思いますが、あまりたくさんの知識を詰め込んで「知ったかぶる」のは避けた方がよいかもしれません。あくまでもプロに託すといった心構えが必要です。

5.セカンドオピニオンはできる限り避ける

債務整理を依頼している途中で、他の弁護士や相談所に対する「セカンドオピニオン」はできる限り避けるべきです。これは、依頼されている弁護士からすると相談者から信頼されていないといった何よりの証拠になり、少なからず強固な信頼関係を構築するのは事実上、困難です。

病気で「命」にかかわるのであれば話は別になりますが、その弁護士へ依頼したとしても債務整理の目的は「借金が減ったり、無くなったりすることによって、新たな人生を歩む」といった目的であるはずです。

弁護士が異なることでこの目的がはたされないといったことは、一般的にありえないことを踏まえると自分が信じた弁護士へ任せるのが賢明な判断であると考えます。

まとめ

本記事では、債務整理に強い弁護士の4つの選び方と弁護士へ依頼する場合の5つの最低限ルールを解説させていただきました。

改めてこれらの内容を読み直してもらうことで気づくことができると思いますが、特別に何かをしなければならないといった難しい内容は一切含まれておりません。むしろ弁護士と依頼者の「信頼関係」が最も大切だと感じ取れる内容になっております。

弁護士の経験やスキルは確かに重要視しなければならない点ではありますが、とにかく相手を想う気持ちと信頼関係が重要だと改めて伝えたいと考えます。

債務整理は新たな人生をスタートさせるための最初のステップです。債務整理に強い弁護士選びで最初からつまずくことがない様、正しい弁護士選びを実践したいものです。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009