債務整理により貸金業者と一度和解したが返済できず再和解は可能か?

執筆者

元弁護士ライター 福谷 陽子

借金問題を抱えた場合、債務整理によって解決することが多いです。

債務整理の中でも任意整理をした場合、債権者と和解をして返済を継続することになりますが、その返済が途中でできなくなってしまうケースがあります。

すると、債権者から督促をされるので、返済ができないまま放置することはできませんが、一度和解した貸金業者と再和解することができるのかが問題です。

そこで今回は、債務整理によって貸金業者といったん和解したにもかかわらず。その後返済出来なくなった場合に再和解ができるのかについて、解説します。

任意整理後の支払いが出来なくなったらどうなる?

借金問題を解決するためには、借金を整理するための手続きである債務整理を利用することが効果的です。

債務整理にはいくつか種類がありますが、中でも任意整理は利用しやすく非常にポピュラーな借金解決方法です。

任意整理とは、債権者と直接交渉をして、借金の返済額や返済方法について話し合いで決定する手続きのことです。

任意整理をすると、手続き後に3年~5年程度支払いが必要になりますが、その途中で支払いが出来なくなると問題が起こります。

任意整理後の支払いが出来なくなったら、債権者から支払の督促が来ます。

このとき、1回や2回程度の遅れであれば支払いを待ってもらえる事もありますが、それ以上の支払い遅延が起こると、借金残金の一括払いを請求されてしまいます。

それでも返済せずに放置していると、裁判をされて財産の差押などを受けることもあるので、そのような事になる前に対処する必要があります。

そこで、任意整理後の支払いができなくなったとき、債権者との間で任意整理の再和解ができないのかが問題になります。

再和解は難しい

任意整理後の支払いが出来なくなったとき、債権者と再和解をすることは基本的には難しいです。その理由を、以下でご説明します。

そもそも和解に応じてくれない

再和解をする場合、再度任意整理の手続きをすることになるので、あらためて債権者との間で交渉をして和解に応じてもらう必要があります。

しかし任意整理後に支払いができなくなってしまった場合、いったん支払いを約束したにもかかわらず支払いが出来なくなってしまったので、信用が失われており、債権者は再度の話し合いに応じてくれなかったり、和解に応じてくれなかったりすることが多いです。

業者によっては再和解に応じてくれることもありますが、多くの場合、再和解をしたいなら、借金残金を全額で一括返済するとか、2回分割で早期に返済するなど、相当債権者に有利な条件を出さないと合意してもらえないでしょう。

支払い能力が足りないので同じ結果になる

任意整理後の支払いが出来なくなった場合、そもそもどうして支払いができなくなったのかという問題があります。通常は、収入に対して支払い額が大きくて、自分の支払い能力が足りなかったことが原因であることが多いでしょう。

つまり、もともと無理をして任意整理の和解をしているので、その当然の結果として支払いが出来なくなっているのです。

そうであれば、再度任意整理の話し合いをしても、同じ結果になる可能性が高いです。

再度の任意整理をしても借金残額が減ることはないので、収入が増えて返済能力が高くならない限り、やはり同じように途中で返済ができなくなることが目に見えています。このことから、再和解はおすすめできません。

弁護士も応じてくれにくい

いったん任意整理をしたにもかかわらずその後の返済ができなくなった場合に再度弁護士に任意整理を依頼しようとしても、弁護士としては受けてくれないことがあります。

このような場合、そもそも債権者が合意してくれませんし、そもそも無理をして合意しているので、任意整理では解決ができないことが多いからです。

かといって、任意整理後の再和解の手続きを自分で進めることはかなり困難です。このことから、やはり任意整理後の再和解は困難になります。

再和解が可能なケースとは?

それでは、再和解が可能なケースが一切ないのかというと、そういうわけでもありません。債権者が再和解の話に応じてくれること、債務者に充分な支払い能力があることという条件が満たされれば、再和解が可能です。

たとえば、任意整理の完済が近づいていて残金がかなり減っている状態で、自分の不注意で短期的に支払いが不可能になった場合などでは、再和解によって問題を解決できる可能性があります。

個人再生や自己破産をする

任意整理後の支払いができなくなった場合、基本的に再和解は困難なので、別の解決方法を考える必要があります。

この場合、任意整理では解決できないので、別の債務整理方法を検討する必要があります。

具体的には、個人再生自己破産の手続きを利用しましょう。

個人再生であれば、個別の債権者の合意は不要ですし、自己破産では債権者の同意は基本的に不要です。

また、個人再生であれば、借金残額を大幅に減額してもらえるので、支払い能力が少なくても借金問題を解決できますし、自己破産であれば借金返済義務を完全に0にしてもらえるので、まったくの無収入でも問題を解決できます。

これらの個人再生や自己破産の手続きは、任意整理にいったん失敗している場合でも問題なく利用できますし、任意整理後何年が経過していなければならないなどの期限の定めもありません。任意整理後すぐに手続きすることも可能です。

任意整理後の支払いが出来なくなったら、早急に弁護士に相談に行って、対処方法を相談しましょう。

まとめ

今回は、任意整理後に返済ができなくなった場合に再和解ができるかどうかについて解説しました。

任意整理後支払いが出来なくなった場合、基本的に再和解は難しいです。債権者も再和解に応じてくれませんし、債務者の支払い能力の問題もあります。

再和解ができない場合、個人再生や自己破産によって解決する必要があるので、まずは弁護士に相談に行くと良いでしょう。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009