相続放棄とは | 被相続人(故人)に借金がある場合の対処法

執筆者

行政書士Yurako法務事務所

行政書士 森本 由紀

家族が亡くなったときに、考えざるを得ないのが相続の問題です。相続人は財産だけでなく借金も引き継ぐことになりますから、故人(被相続人)が借金を残している場合には注意が必要です。

ここでは、被相続人に借金がある場合に検討することが多い「相続放棄」について説明します。

被相続人に借金があれば相続放棄を検討

相続人は相続の方法を選べる

相続では、法定相続人(相続人)と呼ばれる一定範囲の親族が、被相続人の残した財産(相続財産)を引き継ぐのが原則になります。相続財産には、現金・預金や不動産などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。

なお、相続人は、必ずしも相続財産の全部を引き継ぐ必要はなく、次の①~③のいずれかの相続方法を選択できます。

①単純承認

原則的な相続方法で、プラスの財産もマイナスの財産もすべて承継する方法です。

②限定承認

プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を承継する方法です。

③相続放棄

プラスの財産もマイナスの財産も一切承継しない方法です。

被相続人に借金がある場合にはどの方法が良い?

被相続人に借金がある場合に、単純承認すればその借金を全額引き受けることになってしまいます。借金の負担をなくすためには、限定承認か相続放棄を検討しなければなりません。

限定承認を選べば、被相続人の借金については、相続財産の範囲内でのみ責任を負えば良いことになります。しかし、限定承認は、相続人全員で手続きする必要があるほか、法律に従って相続財産の清算手続きを行わなければならないなど、使いにくい部分が多くなっています。こうしたことから、限定承認は、借金があるけれどもどうしても自宅を残したいなど、特別な事情がある場合にしか利用されていません。

被相続人に借金がある場合に、最もよくとられる方法は、相続放棄になります。相続放棄をすれば、初めから相続人ではなかったことになり、被相続人が残した借金の支払い義務を負うことも一切ありません。相続放棄は、それぞれの相続人が単独ですることができます。

相続放棄をするにはどうすればいい?

手続き期限は相続開始を知ったときから3か月以内

相続放棄で最も注意しなければならないのは、手続き期限になります。相続放棄は、相続開始を知ったときから3か月以内に、家庭裁判所で手続きを行う必要があります。何もせずに3か月の期限を過ぎてしまえば、原則として相続放棄はできなくなってしまいます。

相続財産の調査に時間がかかるなどの理由で、どうしても3か月以内に相続放棄ができない場合には、相続放棄の期間の伸長を申し立てることができます。ただし、この場合にも、当初の3か月の期限内に、家庭裁判所に申し立てをする必要があります。

なお、被相続人に借金があることが全くわからなかった場合には、借金の存在を知ったときから3か月以内の手続きでも相続放棄が認められることがあります。

相続放棄の必要書類

相続放棄は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に、「相続放棄申述書」という書面を提出して行います。相続放棄申述書の書式は、裁判所のホームページからダウンロードできます。(書式

相続放棄申述書には、次のような書類を添付する必要があります。

  • 被相続人の住民票(除票)または戸籍附票
  • 相続放棄をする人の現在の戸籍謄本
  • 被相続人と相続放棄をする人との関係がわかる戸籍(除籍・原戸籍)謄本すべて

相続放棄の手続きの流れ

相続放棄をする場合の手続きの流れは、概ね次のようになります。

1. 必要書類の取り寄せ

相続放棄をする際には、上述のとおり、相続関係がわかる戸籍謄本等が必要になります。複数の役所から取り寄せなければならないケースがほとんどで、必要な戸籍謄本の数も多くなることがありますから、3か月の手続き期限に間に合わせるために、段取り良く取り寄せ作業を進めなければなりません。

2. 家庭裁判所に相続放棄申述書を提出

相続放棄申述書と戸籍謄本等の必要書類を家庭裁判所に提出します。提出は郵送でも可能です。

なお、相続放棄申述書には、手数料として800円の収入印紙を貼付します。また、裁判所との連絡用の郵便切手を予め提出しておく必要がありますので、切手の金額(各裁判所で異なる)を確認して用意します。

3. 家庭裁判所から照会書が届く

家庭裁判所から、相続放棄の意思確認のための照会書が郵送で届きますので、必要事項を記入して返送します。

4. 相続放棄申述受理通知書が届く

家庭裁判所が相続放棄申述書を受理すると、「相続放棄申述受理通知書」が送られてきます。

相続放棄を相続債権者に主張するには?

一般的には相続放棄受理通知書を提示すればOK

相続放棄をすれば、被相続人の債権者から借金の支払いを請求されても、そもそも支払い義務がないことになりますから、支払いを拒否することができます。ただし、家庭裁判所で相続放棄の手続きをしても、裁判所から債権者に通知されるわけではありませんから、自分で債権者に相続放棄を主張する必要があります。

ほとんどの債権者は、家庭裁判所から受け取った相続放棄申述受理通知書のコピーを渡しただけで応じてくれるはずです。しかし、中には相続放棄が受理された旨の証明を要求してくる債権者もいます。また、相続放棄申述受理通知書を紛失してしまった場合には、再発行してもらうことはできませんから、債権者に渡せる書類がないことになってしまいます。このような場合には、家庭裁判所に「相続放棄申述受理証明書」を請求できます。

相続放棄申述受理証明書の請求方法

相続放棄申述受理証明書の発行を希望する場合には、必要な証明書1通につき150円の収入印紙を貼った「相続放棄受理証明申請書」を家庭裁判所に提出して申請します。証明書の申請は郵送でもできますが、返信用切手を同封する必要があります。

なお、申請書には相続放棄を行った際の事件番号と受理年月日を記載する必要がありますので、わからない場合には事前に事件番号等の照会手続きを行ってから申請します。

まとめ

借金を残して亡くなった家族や親戚の相続人になってしまった場合、相続放棄すれば相続を逃れることができ、借金の支払い義務も生じません。相続放棄の期限は3か月とかなり短くなっているため、スピーディーに戸籍謄本等を揃えて家庭裁判所で手続きする必要があります。必要書類の取り寄せに自信がない方は、弁護士や司法書士に依頼するのがおすすめです。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009