ブラックリストに載ると今後ローンを組むことはできない?

監修者

元弁護士ライター 福谷 陽子

過去にクレジットカードやローンで延滞をしたり、自己破産や任意整理などの債務整理を行なったりした場合、その情報が信用情報機関に登録され、いわゆる「ブラックリスト入り」することになります。

ローンに申し込む際には、必ずローン会社が信用情報を調べるため、ブラック情報が登録されている限り新たにローンを組むことは難しいのが現状です。

ただし、どのような事故情報も永遠に残り続けるわけではありませんので、いずれローンを組めるようになる可能性は十分にあります。

ブラック情報は大体何年ぐらいで消えるのか、また新たにローンを組む際に注意したいことなどについてご紹介します。

ブラックリストに載る理由とは?

ブラックリストというのはあくまで通称であり、そのようなリストがどこかに存在するわけではありません。正確には、信用情報機関に「事故情報」や「異動情報」が登録された状態のことを、俗に「ブラックリストに載る」と表現します。

現在、日本には「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」・「JICC(日本信用情報機構)」・「全国銀行個人信用情報センター」の3つの個人信用情報機関があります。

ローン会社やクレジットカード会社、銀行などは必ずいずれかの機関に加盟しており、ローンやカードの申し込みがあった際に自らが加盟する機関に問い合わせをして、申込者の過去の返済履歴や現在の借入状況などを調べるのです。

その時、何らかの事故情報(異動情報)が見つかると、審査に通るのは難しくなります。たとえばCICでは、以下のような場合に異動情報が登録されることになっています。

  • 返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
  • 返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
  • 裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

※ CIC「『信用情報開示報告書』表示項目の説明」より

具体的には、たびかさなる延滞や、3ヵ月以上の長期にわたる延滞があった場合、または本人が返済できず保証会社や連帯保証人が支払った場合(代位弁済)、もしくは自己破産や任意整理、個人再生などの債務整理を行なった場合に、異動情報が記録されます。

その他、最近増えているのが「携帯電話の機種代」や「奨学金」の支払いを滞納してブラックリスト入りするケースです。機種代や奨学金も分割払い、つまりローンと同じですので、延滞が長引くと信用情報機関に登録されてしまいます。

このようなネガティブなデータが信用情報機関に残っている限り、新たにローンを組むことは非常に難しくなります。

ちなみに、CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターの3社は、「CRIN」というシステムによって互いに情報を共有しあっていますので、どれか1つの機関に登録された情報は、ほかの2つの機関に加盟する会社も参照することが可能です。

ブラック情報はいつ消えるのか?

とはいえ、ブラックな情報もいつまでも残り続けるわけではありません。

データの保管期限について、CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターの3社は以下のように公表しています。

CIC

登録内容 保有期間
異動(延滞・保証履行・破産)の有無、
異動発生日、延滞解消日、終了状況等
契約期間中および契約終了後5年以内

CIC「CICが保有する信用情報」参照

CICは、おもにクレジットカード会社やローン会社、信用保証会社などが加盟する機関です。

CICでは、すべての異動情報が最長5年間残るとされています。一般的には、延滞の場合は完済した時点から、破産手続きをした場合は裁判所から免責許可の決定が下りた時点から最長5年間となります。

JICC

登録内容 保有期間
延滞 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡など 当該事実の発生日から5年を超えない期間
(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

JICC「登録内容と登録期間」参照

JICCは、おもに消費者金融会社やクレジットカード会社、信用保証会社などが加盟する機関です。CICと合わせてどちらにも加盟する会社も多くみられます。

JICCもCICと同じく、ブラック情報の保有期間は最長5年です。ただし延滞の場合は、完済した時点で「延滞」の情報は消え、代わりに「延滞解消」の情報が最長1年間記録されます。

また、第三者に債権が移る「債権譲渡」があった場合も、その発生日から最長1年間記録が残ります。

全国銀行個人信用情報センター

登録内容 保有期間
延滞・代位弁済・強制回収手続など 契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間
官報情報(官報に公告された破産・民事再生手続開始決定など) 当該決定日から10年を超えない期間

全国銀行個人信用情報センター「情報の登録期間」参照

全国銀行個人信用情報センターは、おもに「全銀協(全国銀行協会)」に加盟する銀行のローンやクレジットカードなどの情報を取り扱う機関です。

延滞や代位弁済などの情報は最長5年間記録されますが、CICやJICCと異なり「官報」に掲載された情報も保管するため、自己破産や民事再生などの手続きをした場合は最長10年間も記録が残ります。

上記をまとめますと、以下のようなことがいえます。

  • 延滞や代位弁済などの情報は、どの信用情報機関でも最長5年間残る
  • 自己破産や民事再生の情報は、全国銀行個人信用情報センターでは最長10年間残る

つまり、一度ブラックになった人が新たにローンを組めるようになるまでには、「5年間~10年間」かかると考えたほうがいいでしょう。

いずれにしても、延滞をしている限りその情報はずっと残ってしまうことになりますので、早めに完済するか、それが難しい場合は早めに債務整理の手続きを行なうことが大切です。

新たにローンを組む際に注意したいこと

「ブラックになってからもう5年以上経っているから、そろそろローンを組めるかも!」という場合でも、いくつか注意したいことがあります。

ダメもとで申し込んでみる前に、まずは以下のことを確認しておきましょう。

自分の信用情報を開示してみる!

「最長5年~10年」といっても、実際に信用情報機関のデータベースからブラック情報が消えるまでの期間はまちまちです。

また自己破産の場合、クレジットカード会社やローン会社などが、裁判所から「免責が決定しましたよ(破産の申し立てが認められましたよ)」という旨の通知を受け取って、初めてその事実を知ることになります。

しかし、まれにその通知を裁判所から受け取っていないために、何年たっても情報が更新されないケースもあるようです。

そこで、まずは自分の信用情報がどうなっているのかを調べるためにも、「信用情報の開示請求」をしてみましょう。CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターのいずれも、信用情報の開示を受け付けています。

機関名 開示方法 料金
CIC インターネット開示(PC・スマホ) 1,000円
郵送開示
窓口開示 500円
JICC スマホ開示 1,000円
郵送開示
窓口開示(東京・大阪) 500円
全国銀行個人信用情報センター 郵送開示のみ 1,000円
(ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書)

機関によって開示請求の手続き方法が異なりますので、公式サイトなどで事前に確認しておきましょう。

ちなみに、万が一誤った信用情報が記載されていた場合は訂正の手続きを行なうこともできます。

過去に事故を起こした銀行や会社には申し込まない!

たとえ信用情報機関のブラック情報が抹消されていても、過去に延滞や債務整理を行なった会社で再びローンを組める可能性は高くありません。

というのも、各銀行や会社のデータベースには、過去の事故情報が残っている可能性が高いからです。

ですから、新たにローンを組む際はこれまで利用したことのない銀行や会社で申し込むことをおすすめします。

匿名OK・無料!借金減額シミュレーター

ws000000

街角相談所-法律-無料シュミレーターは氏名、住所などを入力しなくても利用できる「完全匿名性」の借金解決サービスです。

「いきなり弁護士事務所に電話するのは少し抵抗がある...。」という方も利用しやすくなっています。


無料シミュレートしてみる

債務整理に強い弁護士

無料相談:0120-422-009

弁護士法人サンク総合法律事務所」は月600件以上の相談実績がある債務整理に強い弁護士事務所です。

全国対応・相談無料・365日24時間対応・初期費用0円・分割払いOK・弁護士費用が払えないなどの相談も可能です。


無料相談:0120-422-009